「世界で最も多く見られたK-POPミュージックビデオ」を米ビルボードが発表!1位は…

写真拡大

BIGBANGの「FXXK IT」と「LAST DANCE」が、2016年12月にアメリカを含む全世界で最も多く視聴されたK-POPミュージックビデオに選ばれた。

米ビルボードは12日(現地時間)、BIGBANGの3rdフルアルバムのダブルタイトル曲「FXXK IT」と「LAST DANCE」が、2016年12月に世界で最も多く視聴されたK-POPミュージックビデオの1位と2位にランクインしたと明らかにした。

このような人気を反映するように、BIGBANGの「FXXK IT」と「LAST DANCE」は本日(13日) 午後2時基準にYouTubeで4338万1256回、2740万3748回の再生回数を記録し、合計7078万5004回を記録して、公開から1ヶ月間粘り強い上昇の勢いを見せている。

BIGBANGは2016年12月21日に公開された米ビルボード「ワールドアルバムチャート」でトップにランクインし、ベストセラーアルバムチャートである「ヒートシーカーアルバムチャート」をはじめ、アメリカ内の6つの地域のチャートで1位にランクインして、ポップの本場アメリカで存在感を披露した。

BIGBANGは15日に韓国で放送されるSBS「人気歌謡」で「LAST DANCE」のパフォーマンスを披露し、メンバーT.O.Pの軍入隊前の完全体での放送活動のフィナーレを飾る予定だ。