映画「君の名は。」公開9日目で観客動員数170万人を突破!ライバルなしの疾走

写真拡大

新海誠監督の映画「君の名は。」が、公開9日目にもボックスオフィス1位を疾走した。

本日(13日)、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると、同映画は12日に12万1462人を動員してボックスオフィス1位を守った。累積観客数は174万9847人だ。

「君の名は。」は違法ファイルが各種不法ファイル共有サイトとSNSなどを通して無分別に流布されるなど、違法ダウンロードで被害を受けているにも関わらず、揺らぐことなく1位の座を維持し続けている。

ディズニーアニメ「モアナと海の伝説」は、公開初日である12日に8万4794人を動員して2位で出発した。累積観客数は8万9877人だ。

「ロッテン・トマト(ROTTEN TOMATOES)」の新鮮度指数95%を獲得した「モアナと海の伝説」は、今週末「君の名は。」と激しい1位争いを繰り広げる見通しだ。

「モアナと海の伝説」は、海が選んだ少女モアナが部族の呪われた島を救うために神が選択した伝説の中の英雄マウイとともに冒険に立ち向かうアドベンチャーアニメーションだ。北米ボックスオフィスで3週連続1位、「第74回ゴールデン・グローブ賞」の2部門でノミネートされるなど、商業性と作品性を立証している。