目の難病「網膜色素変性症(網膜変性)」で失明したマウスにiPS細胞(人工多能性細胞)由来の網膜組織を移植したところ、光への反応が回復したという研究成果を、理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センターが2017年1月11日に発表した。

発表資料によると、網膜は光を視覚情報として脳に伝えるのに必要な組織だが、再生力が弱いため障害を受けると自然治癒は見込めない。網膜変性は、網膜の中で最初に光に反応する「視細胞」が変性、消失していく疾患で、末期になると人工網膜を用いる以外に確立した治療法はない。

理研の研究チームは今回の成果により、人間の網膜変性患者にiPS細胞由来の網膜組織を移植する治療への応用が期待できるとしている。