気づけよっ……! 男性が「好きな女性にだけ送る」LINE・6つ

写真拡大

男性とのLINEのやりとりで、ハートマークやかわいいスタンプが大量に送られてきたら、自分に好意があるのかと思ってしまいますよね。そこで今回は、好きな女性に送るLINEについて、働く男性たちにこっそり教えてもらいました。

■スタンプを使う

・「スタンプを送る。かわいいやつをたくさん」(34歳/情報・IT/営業職)

・「かわいいスタンプをいっぱい送る」(39歳/金融・証券/営業職)

好きな相手とLINEするとなると、相手の喜びそうなことを考えますよね。かわいいものが好きな女性も多いので、スタンプも自然とかわいいものになってしまうのではないでしょうか。

■ていねいな内容にする

・「できるだけていねいに、好意があることを含めつつ、デートできるか、趣味などを知っていく」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「ていねいで親切と思わせるメールを送っている」(35歳/建設・土木/営業職)

相手によっては、内容もしっかり考えたものになりますよね。好意を持たれるよう、自然とていねいなものになるのではないでしょうか。

■ハートマークを使う

・「ハートマークつきの文字。ほかの女性だと勘ちがいされるかもしれないから」(31歳/自動車関連/技術職)

・「ハートマークにキスマークを連発」(39歳/不動産/営業職)

男性の場合、あまりハートマークを使うことはないですよね。使うとしても、好意のある相手に限られるようです。

■絵文字が増える

・「絵文字が必然的に多くなる。中には、”ボクじゃダメ?”みたいな絵文字を入れる」(37歳/小売店/技術職)

・「絵文字や顔文字を多用するようにする」(31歳/機械・精密機器/技術職)

できるだけかわいい内容にしようと努力する男性も多そう。気がつくと絵文字や顔文字を多用していた、なんてこともあるかもしれませんね。

■自分アピールをする

・「自分のアピールをけっこうしてしまうと思う」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「自分をたくさんアピールして気を引くこと」(36歳/その他/営業職)

好きな相手には、自分に興味を持ってもらいたいですよね。そのためには、無意識のうちにいろいろと自分をアピールする内容になってしまうことも多そうです。

■質問で返す

・「質問系で返してしまう。終わらせたくないからです。もちろん、しつこくない程度で終わらせます」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「質問形式の文章のLINE。長く会話を楽しみたいから」(27歳/金融・証券/営業職)

ずっと続けていたいと考えれば、必ず返事のきそうな内容を考えるのではないでしょうか。質問を入れておけば、そのまま継続することも多いですよね。

■まとめ

好きな女性を相手にするときは、LINEであってもいろいろと考えたものを送るのではないでしょうか。多くの場合、いかに好意を持ってもらえるかを考えた内容になりますよね。もし男性から、ハートマークのスタンプや自分アピールのメッセージがきたら、あなたに気があるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月22日〜2016年12月26日
調査人数:283人(22〜39歳の男性)