マジ近寄るなっ! 「足がくさい女子」に気をつけてほしい6つのこと

写真拡大

冬はブーツをはくので、足がくさい女子にとっては悩ましい季節。足のニオイは想像以上に周囲の人を不快にさせるものですよね。ニオイが強い場合は何らかの対策が必要になります。働く男性が足がくさい女子に気をつけてほしいと思うことを聞いてみました。

■生活習慣を改善してほしい

・「身のまわりを清潔にしてほしい。案外、掃除も苦手な女性が多いように思う」(32歳/情報・IT/技術職)

・「食生活が乱れている」(28歳/運輸・倉庫/その他)

足がくさい理由はさまざまですが、そのひとつに乱れた生活習慣があります。食べ物や生活リズムなど、見直すべき点はたくさんありそうですね。

■きちんと洗ってほしい

・「毎日お風呂に入ってほしいです」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「入浴のときに足をもっと入念に洗ってほしい」(37歳/食品・飲料/技術職)

もしも足がくさい原因が単なる洗浄不足である場合は、こまめに足を洗う習慣をつけることで改善が期待できます。特に朝にお風呂に入る習慣がある人は、足だけでも洗って眠ったほうがいいかもしれません。

■ニオイ対策をしてほしい

・「中敷きや消臭剤など、しっかりニオイ対策をしてほしい」(27歳/情報・IT/営業職)

・「ファブリーズなどの消臭剤を常に携帯しておいてほしい」(30歳/医療・福祉/専門職)

どんなに気をつけていても、一日中歩きまわればくさくなる……。そんな人は消臭効果のあるグッズを使用してみるといいかも。ニオイ対策は万全にしておくに越したことはありません。

■蒸れやすいブーツはNG

・「あまりブーツをはきすぎないようにお願いしたい」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「なるべくはブーツをはいてこないでほしい。またお店でお座席は避けてもらいたい」(36歳/情報・IT/営業職)

靴の中でももっとも足のニオイがキツくなると言われるブーツ。かわいいのでついはきたくなりますが、足がくさい人は、少し我慢してパンプスやブーティを活用したほうがいいかもしれません。

■おうちデートは靴下を持参して

・「素足で部屋に入らないでほしい」(28歳/その他/その他)

・「入浴中はよく洗ってほしいこと靴下は必ずはいて、代えも常備していてほしい」(30歳/医療・福祉/技術職)

足のニオイは想像以上に強烈で、素足でべたべた歩くと、部屋中にニオイが充満してしまいます。人の家に上がるときは、靴下をはいていくよう心がけましょう。

■とにかく自覚して

・「自分の足のニオイをまずは知ってほしい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「足がくさいことをもっと自覚してください」(31歳/機械・精密機器/技術職)

自分の足はくさくないと思っている人も、一度直接鼻を近づけて自分の足のニオイを嗅いでみたほうがいいかもしれません。改善は現状を直視することからはじまります。

■まとめ

足のニオイは、もともと足にかく汗の量が多いことやしっかり洗えていないこと、水虫などの疾患、はいている靴の質が悪いなど、さまざまな理由が考えられます。原因を突きとめ、徹底的にケアをして、ニオわないサラサラの足を目指したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月26日〜2016年12月27日
調査人数:361人(22〜39歳の社会人男性)