どうでもいいハズの男子に「ドキッとした」瞬間・6選

写真拡大

好意を持っていない男性でも自分に親切にしてくれたり、優しい言葉を掛けられたりするのはうれしいですよね。それまで異性として見ていなかった人でも、それをきっかけに意識し始めることもありそう。今回は、意識していない男性からでもされるとうれしく思う言動について女性たちに聞いてみましょう。

(1)褒め言葉

・「素直に褒めてくれるとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「外見や仕事ぶりを褒めてくれる」(33歳/学校・教育関連/技術職)

かわいい、キレイなど外見を褒められたり仕事を認めてくれたり。誰かに褒められるというのは、相手への感情に関わらずうれしいもの。以外と自分のことを見ているなとびっくりすることもありそうですね。

(2)女性扱いしてくれる

・「重い荷物を持ってくれたり、女性扱いされること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ドアを開けてくれたり、重いものを持ってくれたりする」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

重いものを持ってくれたり、ドアを開けてくれたりというレディーファーストな行動。きちんと女性として扱われていることが分かると、こちらとしても相手のことを男性として意識しようかなという気にもなれそうです。

(3)興味を示してくれる

・「ほかの人よりもたくさん話しかけられる」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「話に興味を持ってくれる」(26歳/医療・福祉/専門職)

ほかの人にはそれほどでもないけれど、自分にはやたらと話しかけてくれたり、興味を持って話を聞いてくれたり。もっと、自分のことを知りたがっているのかなと思わせる言動も意外と女性としてはうれしいみたいですね。

(4)おごってくれる

・「ご飯をごちそうしてくれる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「おごってくれる。ランチや飲み会で多めに出してくれる」(34歳/団体行動/事務系専門職)

食事に行ったときに男性がすべておごるのが当然とは思わないけれど、正直おごってもらえるとうれしいという女性も。相手としても、まったく好意を持っていない相手にはおごらないでしょうが、その気持ちに応えるためにもお礼だけは忘れないようにしたいですね。

(5)変化に気づいてくれる

・「ヘアスタイルやファッションなど些細な変化を見落とさず褒めてくれると、意中の人じゃなくてもうれしい」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「髪型すごくいいねとか変化に気付いてくれる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

男性は女性のファッションや髪型に疎いものですが、だからこそちょっとした変化に気づいて褒めてもらえるとうれしいですよね。お世辞だとしても変化を見落とさずにいてくれる男性は、女性からの好感度も高そうです。

(6)誘ってくれる

・「二人だけの食事に誘う」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「遊びに行こうなど、楽しいことに誘ってくれる」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

食事や遊びの誘いは、よっぽど嫌いな男性でなければうれしいという人も多そう。変な下心を感じさせない誘いなら、相手のちがった面を知るきっかけとして誘いに乗ってみるのもよさそうですね。

■まとめ

男性として特別な気持ちを持っていなくても、相手から好意を示されるのはうれしいという女性は多そう。もちろん、押しつけがましい親切や彼氏がいるときの積極的なアプローチは困ってしまうでしょうが、フリーのときなら素直に喜べるかも。ちょっとした褒め言葉や優しさでその人に対する見方もガラリと変わる。男性たちにはそういうところにも気づいてもらいたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数99件(22歳〜36歳の働く女性)