イ・ジュニョク&チョン・インソン主演ドラマ「裸の消防士」放送開始…10年前の殺人事件の犯人を追跡

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
カン・チョルス(イ・ジュニョク) はハン・ジナ(チョン・インソン) の主張通り、殺人事件の犯人なのだろうか?

KBS 2TV新4部作水木ドラマ「裸の消防士」(脚本:ユ・ジョンヒ、演出:パク・ジンソク) が12日に韓国で初放送された。

10年前、火災中に親を殺害した犯人を探しているハン・ジナ(チョン・インソン)。催眠術士まで動員し、幼い頃の事件の中で犯人の顔を思い出すため努力したが、これも簡単ではなかった。

熱血消防士カン・チョルス(イ・ジュニョク)、彼はメンター(良き指導者) のような存在であるチャン・グァンホ(イ・ウォンジョン) が癌で闘病することになると、治療費を集めるため、1週間に千万ウォン(約97万円) を払うという謎のヌードモデルアルバイトに志願する。モデルの条件は、上半身にやけどの傷跡がある男だった。

公務員という自身の身分で、親友ソンジンの名前を借りたカン・チョルスは、豪華な雇用主の家に訪れ、面接を受けた。このヌードモデルアルバイトの雇用主はハン・ジナだった。

美大生だったハン・ジナは、自身の記憶の中に唯一に残っている犯人の傷跡を手掛かりに、10年前に親を殺した犯人を探していた。ヌードモデルの面接はその傷跡を確認するための作業だった。

しかしハン・ジナはカン・チョルスの傷跡を見て過去の怖い記憶を思い出してしまった。記憶の中の犯人の傷跡とカン・チョルスの傷跡が同じだったのだ。

ハン・ジナは自身と一緒に事件を追跡してきた刑事クォン・ジョンナム(チョ・ヒボン) に支援を要請したが、クォン・ジョンナムはこの事実を信じてくれなかった。ハン・ジナはカン・チョルスが犯人だという証拠を探すため、直接彼に近づいて行った。