TOP SECRET、ギョンハに対するセクハラ論争勃発も「M COUNTDOWN」で明るい姿を披露

写真拡大

新人ボーイズグループTOP SECRETが、メンバーのギョンハがセクハラ論争に巻き込まれたにもかかわらず、明るい姿でステージに立った。

TOP SECRETは12日に韓国で放送されたMnet「M COUNTDOWN」でタイトル曲「She」を熱唱した。

この日TOP SECRETは、パワフルで清涼感溢れるパフォーマンスを披露した。そんな中、ギョンハの姿が注目を集めた。女優キム・ゴウンに似ていることで名を知らせたギョンハは、セクハラ論争に巻き込まれていた。これと関連して所属事務所は「TOP SECRETのギョンハに対する悪質なデマ及び虚偽事実、人身を攻撃する発言などに値するすべての掲示物及び関連コメントなど、所属アーティストの名誉と人格を毀損するすべての行為に対して、法的な手続きを行って強力に対応する方針です」と警告した。

TOP SECRETのミニアルバム「Time's Up」は学校シリーズ「Top Secret School」の第1弾で、計5曲が収録されている。彼らのデビューアルバムは店頭で完売し、追加オーダーが殺到した。

この日の「M COUNTDOWN」にはTOP SECRETの他、神話(SHINHWA)、VIXX ラビ、DIAのユニットBチームL.U.B(ルビ)、MIXX、VARSITY 、Bonus Baby、BEATWIN、SONAMOO、AOA、NCT 127、宇宙少女、PENTAGON、HELLOVENUSなどが出演した。