「真夜中の王国」覚えてる?

写真拡大

90年代は深夜帯に生放送の帯番組が多く存在しました。日本テレビ系で放送されていた「EXテレビ」やTBS系で放送されていた「ワンダフル」、テレビ朝日系で放送されていた「トゥナイト2」といった番組です。これら民放局とともに、NHK-BS2では「真夜中の王国」という番組が放送されていました。

濃いインタビュー特集

この番組では曜日ごとに日替わりのパーソナリティが登場し、ゲストをまねいたコーナーもありました。ゲストに登場したのはミュージシャンやお笑い芸人、作家、芸術家といった人たちです。広くとらえれば表現を仕事にしている人たち、現在の言葉でいえばアーティストとくくられる人たちが登場していました。日替わりでこれだけ濃い人たちを集めていたのは、番組制作の予算に余裕があったためといえるかもしれません。

BS2のマニアックぶり

1990年代のNHK-BS2は、映画や音楽番組を多く放送することで知られていました。アニメの再放送なども行っており、サブカルチャー要素の強い番組を多く作っていたといえます。代表的なものとしては、出演者たちがひたすら作品に対する思い入れを語る「BSマンガ夜話」などがあげられるでしょう。