脈ナシ確定! 女子が「どうでもいい男子」だけにするコト6つ

写真拡大

異性として特別な目で見ていない男性の前と行為のある男性の前では、態度にも差が出てしまいますよね。自分をよく見せたいと思うかそうでないかで行動がちがってくるのは、どちらかというと自然なこと。今回は「意識していない男性になら平気でできること」について女性たちに聞いてみましょう。

(1)目を見て話す

・「相手の目を見ながら、笑顔で会話できる。好きな人とだと、緊張してそんなことできないから」(33歳/生保・損保/専門職)

・「目を見て話す」(33歳/不動産/事務系専門職)

好きな人とは目も合わせられないけれど、意識していない男性なら相手の目を見て話してもなにも感じない。面と向かっていても恥ずかしさがないし、気楽に話せる相手ということでしょうね。

(2)気軽なボディタッチ

・「気軽なボディタッチ」(25歳/その他/事務系専門職)

・「背中や腕をたたいたりして触ること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

話のついでに軽く肩や腕をたたくというのは、好きな相手にするにはハードルが高そう。逆に意識していない男性だと単なる親近感の表れとして体に触れるくらいは平気でできるという女性も多いようです。

(3)愚痴を言う

・「愚痴を言うこと。自分をよく見せなくていいから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「愚痴を言うこと。性格悪いと思われたくないから、気になる男性相手にはできない」(31歳/その他/その他)

仕事やプライベートで愚痴ると性格が悪いと思われそうで、好きな男性の前では愚痴も言えないけれど意識していない男性になら思いっきり口も聞いてもらえる。嫌われても構わないという気軽さがあると何でも言えるみたいですね。

(4)冗談を言い合う

・「軽口をたたくこと。気になる人にはどれが地雷になるか分からないから。嫌われたくない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「気軽に話ができる。冗談を言い合える」(33歳/その他/事務系専門職)

軽口をたたきあえるくらい仲はいいけれど男性としては見ていない。意識していない男性相手にならバカな冗談も言えるけれど、好きな人の前ではしおらしくなってしまうという女性は少なくなさそうですね。

(5)大笑い

・「大笑い。気になる男性の前では上品に笑うが、気にならない人の前では気にせず笑う」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「その男性の前でバカ騒ぎすること」(28歳/医療・福祉/専門職)

思いっきりはしゃいだり大笑いできるのも気のおけない友人としか思えない男性の前だからこそ。恋愛対象となる男性の前では、少しでも自分をよく見せようと控えめに振る舞う女性も多いようです。

(6)適当にあしらう

・「適当にあしらうこと」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「気を遣わないこと」(35歳/情報・IT/技術職)

気分が乗らないときには適当にあしらったり、機嫌が悪いときにはそれを隠さずに相手をしたり。意識をしていない男性なら適当な扱いをしてもあまり悪いと思わないことも多いみたいですね。

■まとめ

恋愛対象として考えているかどうかで態度が変わることがあるという女性は多いようですね。もちろん、嫌いなわけではないけれどあくまでも仲よくしている男友だちの一人。その程度にしか考えていない相手には、自分の悪い部分も含めてさらけ出してしまえるようです。ある意味、素のままでいられるラクな相手とも言えますが、ここに恋愛感情が入るとそのままではいられないのが難しいところですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数94件(22歳〜36歳の働く女性)