北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、「安州ポンプ工場」の生産活動を紹介しながら金正恩党委員長が新年の辞で述べた「自強力」をアピールする記事を配信した。

記事は、安州ポンプ工場について「自強力で生産を活性化している工場として全国にうわさが立っている。工場は数年前までも、一年に幾つかの製品の開発に留まっていた。だが、今は500余規格の各種ポンプ生産を高い水準で正常化している」と紹介。

そのうえで、「このように国産化された数十種の新しいポンプを黎明通り住宅建設場と地下超塩水生産拠点、長距離海水輸送管、海水浄化施設建設場をはじめ、多くの建設現場に送って自強力第一主義の正当性を実践で証明した」と強調した。