2015年10月のエド・シーラン (c)Imagecollect.

写真拡大

25歳の歌手エド・シーランが、休業中の体重の変化について語った。

エドは2015年12月に「みなさん、こんにちは。僕はしばらく、電話、Eメール、すべてのソーシャルメディアから離れることにしました。5年間素晴らしい日々を過ごしましたが、自分の目ではなく、スクリーンから世界を見ていると気づきました。どこかに行ったり、何かをしたりしなくていいこの機会を利用して、世界を旅して、自分が見逃したすべてを見ようと思います」と載せて、その後SNSの更新をストップ。先月1年ぶりにSNSを更新し、今月6日には新曲「Castle on the Hill」と「Shape of You」をリリースした。

そんなエドは現地時間12日にラジオ番組「The Breakfast Club」で休業中について、「僕は50ポンド(約22キログラム)くらい痩せたんだ」「僕は(休業に入って)大きさが倍になったんだよ。スウェットパンツしか着られるものがなかったね。洗って縮んでしまったと思っていたけれど、違ったよ」「ビールが原因だったね」「今はビールを(また)飲んでいるよ。だって、大丈夫だから。だけど、少しビールをやめてみて、エクササイズを始めてみたんだ。かなり奇妙だったね」「どれだけ自分がステージで燃焼していたか気づかなかったよ。ツアーをやめたら、すぐに膨らんでしまったんだ」と話している。

また、エドは休みの間、日本、ガーナ、アイスランド、オーストラリアなどに行ったと明かした。