速報:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドは3月3日発売、Switch版とWii U版が同時に登場

写真拡大

任天堂が開催中のイベント『Nintendo Switch プレゼンテーション 2017』で、メインとなる発表会のラストに紹介されたのが、Switch向けに開発表明がされていた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でした。

気になっていた方が多いであろう発売日は、Switch本体と同日となる3月3日。同時に開発が進められていたWii U版も同日発売となります。メーカー希望小売価格は、両機種用とも6980円(税別)です。
​​​​また、Switch版のみですが、限定版2種も発売されます。

1種類目は、amiiboのリンク(騎乗版)とサウンドトラックCD、特製マップなどが付属した『コレクターズエディション』。こちらは9980円(税別)での発売。

そして2種類目は、任天堂直販ストア「マイニンテンドーストア」限定版として、『デラックスコレクターズエディション』が1万3780円(税別)で発売となります。こちらはコレクターズ〜の内容に加え、意味深な名前な「回生のマスターソード」フィギュアと20枚のポストカードが付属します。
​​

【ギャラリー】任天堂 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (28枚)



ゲーム内容の特徴は、いわゆるオープンワールドマップを採用するゲームのように、広大なマップの中で自由度の高い冒険ができるようになった点が特徴。ジャンル名もこの特徴を踏まえた『オープンエアアドベンチャー』と謳います。

たとえば移動は、グライダーによる滑空やロッククライミングといった手段が加わり、狩猟などによる食材調達や調理といったアクションも行える、といった具合です。

​​​​​

またグラフィックは淡い色使いが印象的な、写真と絵画の中間的な風合いを持ったスタイル。キャラクターにも風合いを揃えたシェーディングが施されます。



今回の発表に合わせて、3rdトレーラー(予告ムービー第3弾)も公開されました。様々な風景に加え、ストーリーに関わるセリフなども語られる構成となっています。



いよいよ発売日も決定し、またSwitchのローンチタイトルともなった新ゼルダ。任天堂の看板的タイトルの一つでもあり、また従来の路線を大きく転換したオープンエアシステムなど、ゲーム的にも注目点の多い作品だけに、発売日が待ち遠しい方も多いのではないでしょうか。