© LINE Corporation

『LINE(ライン)』で、友だちが自分をブロックしているかどうかを確認したい時ってありませんか?

友だちから未読スルーが続く時や、「ケンカしちゃった・・・」なんて気まずい雰囲気になった時、ブロックされてるかどうかってついつい気になってしまいますよね。

この記事では、自分が友だちにブロックされているかどうかを、相手にバレずに確認する方法を紹介します。
特に、実際にやってみて最も簡単でわかりやすいと感じた2パターンの方法を紹介しますよ。

パターン1:タイムラインを見る

LINEをブロックされると、相手のタイムラインを見ることができなくなります。

自分をブロックしてるかどうか確認したい友だちのタイムラインを見に行ってみましょう。
以前まではタイムラインに投稿があったのに、『まだ投稿がありません。』と表示される場合はブロックされている可能性があります。

もちろん、相手の人が「タイムラインの投稿をすべて消した」という可能性もあるので、絶対ブロックされているとは断定できません。

▼ブロックされていない(左)・ブロックされている可能性あり(右)▼


パターン2:LINEスタンプをプレゼントしてみる

LINEをブロックされると、LINEスタンプをプレゼントすることができなくなります。

自分をブロックしているかどうか確認したい友だちに、LINEスタンプをプレゼントしてみましょう。
(※実際にプレゼントを贈らなくても確認できるため、購入費用は発生しません。)

LINEスタンプをプレゼントする方法はこちら
LINE(ライン) iPhoneでLINEスタンプをプレゼントする方法

LINE STOREのLINEスタンプ購入画面で【プレゼントする】をタップして、友だちを選択します。


すると、2パターンの画面が表示されます。

1つ目は、【プレゼントを購入する】というボタンが出るパターンです。
この場合、相手にはブロックされていません。

2つ目は、「○○(相手の名前)はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません。」という表示が出るパターンです。
この場合、相手にブロックされている可能性が高いです。

もちろん、プレゼントするのに選んだスタンプを実際に相手が持っていた場合も、2つ目の表示になります。
よって、何種類かのスタンプで試してみて、すべてプレゼント出来ない場合は、ブロックされている可能性がかなり高いと考えていいでしょう。

▼ブロックされていない(左)・ブロックされている可能性あり(右)▼