速報:ニンテンドースイッチの発売日と価格が公開、3月3日に2万9980円で発売。予約開始は1月21日から

写真拡大

任天堂が開催中のイベント『Nintendo Switch プレゼンテーション 2017』より。任天堂が開発中の新型ゲーム機『Nintendo Switch』(ニンテンドースイッチ)の正式発売日と価格が発表されました。

発売日は3月3日、価格は2万9980円(税別)。本体の予約は1月21日から順次開始となります。

【ギャラリー】Nintendo Switch 本体 (8枚)



カラーバリエーションは、付属コントローラー『Joy-Con』(ジョイコン)の差となる2種類。左側に合体するJoy-Con(L)が「ネオンブルー」・右側のJoy-Con(R)が「ネオンレッド」の組み合わせとなるセット、そして双方が「グレー」となるセットです。

Switchはタブレット状の本体と合体・分離が可能な2個のジョイコン、そしてテレビに接続可能なクレードル『Nintendo Switch ドック』を中心とした、据え置きゲーム機と携帯機の中間的存在となるゲーム機。複数の形態を「スイッチ」するコンセプトを持っています。

合わせてイベント冒頭には、対応アプリケーションのリージョンロック(海外ソフトウェアを他国の本体で使う際の起動制限)がない点をアピール。

また、専用のオンライン通信サービスが用意されることにも触れ、スマートフォンやタブレットとのスマートデバイスと連携(ボイスチャットなどの相互利用)が可能になる点、そして「発売直後はサービス無料ですが、今秋より有料展開される予定」である点を公開しました。
なお、この通信サービスとは別に、ローカル通信では8台までの本体が連携可能です。
本誌読者であれば気になるであろうハードウェア仕様ですが、CPUとGPUは『NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー』。画面サイズは6.2インチ、解像度は噂通り1280×720。一部で焦点となっていたタッチパネルも搭載します(静電容量式)。HDMI出力時の解像度は、こちらも噂通りの最大1920×1080/60fps。

ソフトウェアは専用形状のゲームカード(メモリカード)、またはダウンロードにて提供。本体のデータ保存用メモリは32GBで、マイクロSDカードスロットも備えます(発売時点ではマイクロSDHCまで対応、アップデートでXCにも対応予定)。

無線通信はWi-Fiが802.11ac、Bluetoothはバージョン4.1。本体とドックとの接続にはUSBタイプC端子を使います。

本体単体でのサイズは173×101×13.9mm(横×高さ×厚さ)、重量は約297g。
両方のJoy-Conとの合体時のサイズは、239×102×13.9mm(スティック先端からZL/ZRボタンまでは28.4mm)、重量は398gとなります。

Joy-Conのサイズは縦長状態で102×35.9×28.4mm。重量はLが約49g、Rが52.1g。これは一部のボタンや機構がLとR側で異なるため(後述します)。
ドックのサイズは173×104×54mm(横×高さ×厚さ)、重量は約327g。

バッテリーはリチウムイオンタイプで容量は4310mAh、本体内蔵(交換不可能)。こちらも噂通りです。

公称バッテリー駆動時間は約2.5から約6.5時間。これは(当然ながら)アプリケーションによって異なり、公称値は「例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間」と記載されています。充電時間はスリープ時で約3時間です。

さて、特徴の一つは、上述したように様々な形態で遊べる点。任天堂側はドック経由でテレビに接続する「テレビモード」「テーブルモード」「携帯モード」の3つをアピールします。こちらに関しては下記の記事を参照ください。

ニンテンドースイッチ、バッテリー駆動は最大6.5時間程度。3つのプレイスタイルを提案

付属コントローラーのジョイコンは、アナログスティックに10個の基本ボタン(常時使えるのが8個、本体より離した状態で2個が追加)、加速度センサーとジャイロセンサー、そしていわゆる触覚フィードバックとなる『HD振動』機能を搭載。

▲『モーションIR(赤外線)カメラ』はR側のみに搭載

さらに、左右で異なる機能も。L側にはゲーム画面のスクリーンショットなどを撮影する「キャプチャーボタン」と「ーボタン」が、R側には物体の形状や動きを検出するための「モーションIR(赤外線)カメラ」と、amiiboとの連動で使う「NFCセンサー」、そして「HOMEボタン」と「+ボタン」が搭載されています。

なおジョイコン側のバッテリーもリチウムイオンタイプを搭載。公称動作時間は約20時間。充電は本体への装着などで可能となり、約3時間30分です。

商品の構成は、Nintendo Switch本体、Joy-Con(L)/(R)、Joy-Conストラップ×2本、Joy-Conグリップ(2台のジョイコンをまとめて持つためのホルダー)、Nintendo Switch ドック、HDMIケーブル、専用ACアダプター。任天堂ハードらしく、標準セットでソフト以外は一通りが揃う構成です。

【ギャラリー】Nintendo Switch 紹介プレゼン (34枚)



このように改めてハードウェア仕様を確認してみると、思った以上に先端的技術が投入されているのに驚きます。とくにJoy-Conは、任天堂が昨今とくにこだわりを見せる物理コントローラーということもあり、様々な工夫が伺えるのが興味深いところ。

価格に関しても、同時公開されたソフトウェアラインアップもかなり強力であることなどから「ディスプレイ付きで3万円は妥当」「むしろお買い得感があるのでは」という声も聞こえてくるほど。いずれにしても、いろいろな意味で楽しみなハードウェアと呼べそうです。