2017年1月13日に幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2017」で、LEXUS GAZOO Racingが、2017年シーズンに向けて開発した「LEXUS RC F GT3」を公開しました。

1

オートサロン会場の GAZOOブースでは、プレスブリーフィングのMCを務める今井優杏さんの進行のもと、同車の開発に当たったレーシングドライバー、飯田章氏、立川 祐路氏の両名がアンベールを担当。

同車はレクサスのハイパフォーマンスクーペ「RC F」をベースに、日本と米国で開催されるGT3カテゴリーのレースに参戦することを目的に開発されています。

LEXUS GAZOO Racingは、世界3大耐久レースの1つである「デイトナ24時間レース」(2017年1月26日〜29日)でのデビューを皮切りに、2017年シーズンは日本、米国で各2台をレースに投入するそうです。

米国では、IMSA WeatherTech SportsCar ChampionshipシリーズのGTDカテゴリーにおいて3GT Racing(スリージーティーレーシング)から、日本では、SUPER GTシリーズのGT300クラスにおいてLMcorsa(エルエム・コルサ)から参戦する予定。

LEXUS GAZOO Racingは、市販車ベースのGT3カー「LEXUS RC F GT3」の投入を通じて、参加型モータースポーツにこれまで以上に注力し、LEXUSの走りのイメージを強化していくとともに、より多くの人々に驚きと感動を提供していくとしています。

(TEXT/PHOTO: Avanti Yasunori、TOYOTA)

【東京オートサロン2017】レクサス 「RC F」GT3参戦車がGAZOOブースに登場!(http://clicccar.com/2017/01/13/435368/)