速報:ニンテンドースイッチ発表会。3月3日発売、2万9980円。土日には一般向け体験会も開催

写真拡大

1月13日、任天堂がついに新型ゲーム機 Nintendo Switch の全貌を明らかにします。ニンテンドースイッチ プレゼンテーション&体験会はまもなく開幕。会場から発表の様子をお伝えします。

開幕!君島社長が登壇して挨拶。まずは当初のトレーラーで紹介した要素を振り返り。新しい家庭用ゲーム機。

本日はスイッチのハードとソフトについて具体的に。

いきなり発売日!価格!!

3月3日発売に世界同時発売。

希望小売価格は2万9980円。

まばらな拍手。

ドルは299.99。

チャットやマッチングができるオンラインサービスは有料、2017年秋までは無料。

リージョンロックなし。

速報:ニンテンドースイッチの発売日と価格が公開、3月3日に2万9980円で発売。予約開始は1月21日から

開発責任者 高橋氏にスイッチ。歴代ハードの振り返り。キューブのころから取っ手など、持ち歩けるようにと考えていた。Wii Uでは画面を持ち歩いて室内でetc。

その延長線にあるのがスイッチ。新しい動画公開。

「ニンテンドースイッチは家庭用据え置き型ゲーム機です」から。

プレイスタイルを自由にスイッチできる家庭用ゲーム機を目指して完成しました。

ニンテンドースイッチ、バッテリーは2.5から6.5時間。USB-C充電。モバイルバッテリーで充電しながらプレイ対応。WiFi、静電容量式タッチ。最大8台ローカル通信。

コントローラJoyConはNFCのリーダライタ内蔵、アナログスティックは押し込み対応。キャプチャボタンでスクショを共有。動画は今後実装。モーション操作も対応。

ひとりで左右のコントローラ離して、リラックスした姿勢でプレイも。

スイッチと合体する部分にLRボタン。左右それぞれをひとつのコントローラに使える。

ニンテンドースイッチ、バッテリー駆動は最大6.5時間程度。3つのプレイスタイルを提案

おすそ分けプレイ。

ジョイコンにはデプスセンサ搭載!コントローラから離れた手のジェスチャや距離も認識。

振動は「HD振動」。ブルブルではなく鋭い動きを制御して、仮想の触感を表現。

伝統的なコントローラのゲームにも、新しい体験にも。としてゲームを紹介。西部劇の早撃ち対決??

コントローラをお互いに銃に見立てて、抜き打ち勝負。スイッチとジョイコンのさまざまな遊び、表現力を伝える全く新しいゲーム 1-2-Switchを発表。

画面を見ずに遊ぶ全く新しいゲーム。ではどこを見るのか?一緒に遊ぶ相手の目!

リアルなパーティーゲームとして、コミュニケーションを楽しむ。

速報:ニンテンドースイッチ用ゲーム第一弾は「画面を見ないゲーム」1-2-Switch。本体と同日発売

続いて、本格的なやりこみ度の高いゲームを紹介。

タイトルはARMS。伸びる腕を使った格闘スポーツ。ジョイコンを左右の手に持ち、移動とパンチ、パンチの軌跡操作などを体感操作。対戦が醍醐味。


続いて、注目のスプラトゥーン新作。『スプラトゥーン2』

イカ研究所研究員としてグラサン白衣の野上氏......。

「新種のイカについて」と役のまま、オーバーアクションでプレゼン。

新しいステージ、すべて新たな武器。ジョイコンでもクラコンでも。

ジャイロエイミングは健在。

ネット対戦のほか、スイッチを持ち寄ってローカルマルチ対戦も。

発売は夏!発売後の更新でコンテンツ追加。

スイッチ版『スプラトゥーン2』、2017年夏発売。ネット対戦、ローカル対戦対応、ゲーム内イベントも予定

続いて3Dマリオ新作。

トレーラーから。

これはギャラクシー系列のガチなやつや。。。

帽子なげアクション。

『スーパーマリオオデッセイ』

目の付いた帽子のキャラクター。投げた帽子を足場にジャンプなど。

オデッセイは今年の冬、ホリデーシーズン。遠い!

体験会には出せず。

スイッチ版マリオ『スーパーマリオ オデッセイ』は2017年冬発売、新キャラ「目玉の付いた帽子」が登場

タイトルを連続して発表。

ゼノブレイド、ファイアーエムブレム無双。

サードパーティは50社が80タイトル以上を開発中。

真・女神転生シリーズ最新作。トレーラー。開発開始したばかり。

スクエニの完全新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』。

セガのYakuzaの人、名越さん登壇。「新たなタイトルを検討して、提案したいと考えています」。タイトルはなし!ww

ベセスダ、トッド・ハワード氏。開発中のSkyrimを動画で紹介。「スイッチはクラシックなニンテンドーそのものであり、なお新しい何か」。

須田剛一氏。いきなり前説で笑わせる。

トラビスがスイッチに帰ってくる!作品名はまだ言えない。

BitSummitなどのイベントでインディーズ開発者と話した経験から、スイッチは開発環境の親和性も高く、インディーゲームにも近い。プロレスネタですべって退場。

続いてEA。専用開発のFIFA新作。もっとも本格的、もっともソーシャル。持ち歩いて対戦もできる。

2017発売。新要素は次々と発表。

本体の商品構成。

含まれるのは

本体

ドック

ジョイコンLR

グリップ

ストラップ

ACアダプタ

HDMIケーブル

本体は赤青のジョイコンが入ったタイプと、グレーのジョイコン付属版の2種類。

価格は同じ。

続いて、NYのレジーさんへ。北米向けの紹介をしつつ、北米向け目玉のゼルダに話を振ると、宮本茂氏。その話ならもっと適任が、と青沼氏。答えず東京会場の君島社長に。「それはさておき」。

予約は21日から開始。

最後の最後、社長クロージング挨拶のあとはゼルダ ブレスオブワイルドの新動画。最後に出た発売日は本体同時、3月3日!

速報:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドは3月3日発売、Switch版とWii U版が同時に登場