交際していた時のエマ・ストーンとアンドリュー・ガーフィールド (c)Imagecollect.

写真拡大

俳優のアンドリュー・ガーフィールドが、元恋人で女優のエマ・ストーンについて語った。

映画『アメイジング・スパイダーマン』(12)の共演がきっかけで交際をスタートしたアンドリューとエマは2015年に4年の交際の末に破局。現地時間8日に行われたゴールデングローブ賞で、アンドリューは映画『ハクソー・リッジ』(2017年日本公開)の演技が評価されてドラマ部門の主演男優賞にノミネートされ、エマは映画『ラ・ラ・ランド』(2月24日日本公開)でミュージカル・コメディー部門の主演女優賞を受賞した。アンドリューはエマが受賞した時に立って拍手を送っていた。

アンドリューは「Vanity Fair」誌のポッドキャスト「Little God Men」で、エマについて「僕たちはすごくお互いのことを思っているよ。それは当たり前で、無条件のことなんだ」「僕たちの間にはたくさんの愛があるよ。たくさんのリスペクトもね」「アーティストとして僕は彼女の一番のファンなんだ。だから、僕にとって、彼女の成功を見ることや女優として花を咲かせるところを見るのはこの上ない喜びなんだよ。お互いにこんなサポートがあって素晴らしいね。ただ美しいことなんだ」と語っている。

エマは昨年ファッション誌「ヴォーグ」の10月号のインタビューで、アンドリューについて「今でもとても愛している人」と話し、アンドリューは昨年12月に「ザ・ハリウッド・レポーター」誌で無人島で俳優か女優を1人だけ連れて行くことができるなら誰がいいかと質問されると「エマ・ストーン。エマを愛しているよ。彼女はいいよね。彼女は来ていいよ」と答えていた。