「タッチ」の上杉達也役などで知られる三ツ矢雄二(2012年撮影)

写真拡大

 アニメ「タッチ」の上杉達也役などで知られる声優の三ツ矢雄二が12日深夜に放送されたバラエティー番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告」(テレビ東京)でゲイであることをテレビ初告白し、話題になっている。

 これまで自身のセクシャリティーについて聞かれるたびに「グレーゾーン」と言葉を濁してきた三ツ矢だが、番組でそのことについて突っ込まれると、「あれは理由があって、兄がいるんですけど、兄が定年退職するまではちょっと曖昧にしておこうと。会社で何か言われると兄に迷惑がかかると思ったので」と説明し、「兄が定年退職しちゃったんで『もういっか!』ということで」と発言。

 突然のカミングアウトに共演者たちが驚く中、「周りの人は僕普段からこうだから全員知っているんですよ。でも公には別に言ったことはないんです。ゲイかストレートかって言われればゲイ」と明言した。

 また、役者の場合はラブシーンなどもあり、俳優がゲイであることをカミングアウトしていると、観ている側も「あの役者さん本当はゲイよ」と思ってしまうため、「ゲイであることを隠してても僕は構わないなって思う」と持論を展開した三ツ矢。

 「僕なんか声優で、最近やっている役は宇宙人とか動物とか、そういう役が多いし、もうこの際いいや! と思って」とあらためてカミングアウトに至った心境を明かし、「(彼氏は)いないんです! 募集していますのでマネージャーまでご連絡を。タイプは加瀬亮です」とカメラ目線で訴え、笑いを誘った。

 放送後、ネット上では「え、三ツ矢雄二グレーゾーンやめたの」「三ツ矢雄二さん脱グレーゾーン」「三ツ矢雄二さん…知ってた……」などと反響を呼んでいる。(編集部・中山雄一朗)