パルコ、ロボット開発・実証実験行う〜店舗案内や棚卸業務のサポートに活用

写真拡大 (全2枚)

 パルコは、08ワークスと日本ユニシス協力のもと、新ロボットの開発・実証実験を行う。同ロボットは、店舗案内などの来店顧客向けサービスと棚卸業務のサポートを行うテナント従業員向けのサービスを提供し、2017年秋からの設置を目指す。

 パルコは、(地独)東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)が実施する「平成28年度 公募型共同研究開発事業」に採択された。これにあわせパルコは、08ワークスおよび日本ユニシスとの共同で、ショッピングセンターでの案内に特化したロボットの開発・実証実験を行う。

 今回共同開発するロボットは、2017年秋にPARCOに設置される予定で、来店顧客向けとテナント従業員向けにサービスを提供する。また、今回開発するロボットのベースとなるのは、都産技研の試作ロボットLibra(リブラ)となっている。

 来店顧客向けには、テナント情報や各種施設情報を対話形式でマルチリンガルに提供。さらに、自律走行機能を使い、指定のテナント・施設への移動案内も行う。

 一方、テナント従業員向けには、RFIDと自律走行型ロボットを活用した商品棚卸の自動化により、ショップでの棚卸業務のサポートを行う。

MarkeZine編集部[著]