元2NE1のDARA、理想のタイプは“低音でラップする男性”…Block BのP.Oが赤面

写真拡大

元2NE1のDARAが第7代プリンセスとしてハーレイ・クインのメイクを受けた。

12日に韓国で放送されたケーブルチャンネルOnStyle「Lip Stick Prince」では、プリンスたちがハーレイ・クインのメイクに挑んだ。

この日、第7代プリンセスのDARAは「8年間活動してきたけど、こんなに多くの男性の方々と撮影したことがないので、ワクワクしている」と期待を示し、トニー・アンは「長く撮影できたらいいな」と話して笑いを誘った。

続いてMCのSUPER JUNIORのヒチョルはBlock BのP.Oに「DARAが低音でラップする男性が理想のタイプだと言った。P.Oさん、僕たち(プリンス) の中で低音と言ったら誰?」と聞き、普段からDARAを理想のタイプとして挙げてきたP.Oは顔が赤くなった。

これに対してヒチョルはP.Oに「首まで赤くなっている」とからかい始め、P.OはDARAのためにラップの実力を披露した。

DARAはプリンスたちに“ハーレイ・クインメイク”を求め、ヒチョルは「清純なイメージなのに、強そうなメイクが好きなのか?」と聞いた。

DARAは「ステージのときは主に強そうなメイクをしていた。でも、ここ2年間はドラマやバラエティ番組を中心に活動してきたので、ステージ向けのメイク(強烈なメイク) が懐かしくなってきた」と答えた。