写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サムライズは、クラウドBIツール「GoodData」のレポート・ダッシュボード編集画面で多言語に対応した最新版を、1月12日より日本市場向けに提供開始する。

「GoodData」は、散在するビジネスデータから必要な情報を得るために、ETLや、データウェアハウス、データ解析、ダッシュボードまで、強力なビジネスレポートを生成するためのあらゆる機能を包括しているクラウドBIツール。全機能をクラウドで提供しており、ユーザー数無制限で利用できる。

今回の最新版では、レポート編集画面、ダッシュボード作成画面を多言語で利用できるようになった。多言語対応することで、海外進出する企業に向けたサービスがさらに向上する。対応言語は、英語、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、ブラジル・ポルトガル語の8カ国語。

提供価格(税別)は、データ行数が100万行/データソース接続数が無制限/ユーザー数が無制限の場合、月額4万円(標準保守込)。なお、契約は年単位。

(山本明日美)