12日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、歌手の泰葉が、落語家の春風亭小朝と離婚した理由を語った。

番組では、ゲストとして登場した泰葉が芸能界デビューから近況までを語りながら小朝との離婚について言及した。

小朝とは新幹線での偶然の出会いを通じて結婚。芸能界を引退して落語家の妻として暮らしていたが、2007年に離婚した。その際に開いた離婚会見で泰葉が「金髪豚野郎」と小朝に暴言を吐くなど、物議をかもしていた。

泰葉は当時を振り返り、離婚理由について「私ね、太った人が嫌いだったの」とぶっちゃけたのだ。この言葉に周りの出演者たちが呆れる声を上げる中、続けて泰葉は自身の男性遍歴について「カッコよくて痩せてる人ばっかりだった」と振り返ったのだった。共演者から「(小朝には体型を)凌駕するだけの芸はあった」とフォローが入ったが、なおも泰葉は、元夫のLLサイズトランクスを毎回洗っていたことを明かし、「そこがもうダメ」だったと自身にとって致命的となったエピソードを語った。

さらに、「金髪豚野郎」発言の真意については、「トランクスのことが言えなかったから」だと言い訳逃れをする有様。かの暴言が小朝のイメージに先行してしまったとツッコまれるも「(小朝の)腕があるから、そんなことぐらいじゃ(大丈夫)」だと全く意に介さなかった。

最後に泰葉は「溜まりに溜まってたものがブワっと出ちゃったのかもしれない」とストレスが蓄積された結果、暴言に繋がったと自己分析していた。

【関連記事】
米倉涼子の離婚をFUJIWARA・藤本敏史がすべり込み的中 約1年前の収録で
「育メン議員不倫騒動」宮崎謙介氏の元不倫相手の今 1万円セミナーの実態
「モニタリング」がとらえた修羅場 参加した夫婦が離婚危機に