ハリウッドに殿堂入りしたエイミー・アダムス (c)Imagecollect.

写真拡大

42歳の女優エイミー・アダムスが、現地時間11日にハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」はハリウッドの有名な観光地で、ハリウッドで活躍してきた人々の名前が星形のプレートに刻まれている。

エイミーはスピーチで、1999年の1月にロサンゼルスで初めてオーディションを受けたと明かし、「それがこの瞬間と、この栄光を受け取ることに導いてくれるなんて決して思っていませんでした」「私の素晴らしいチーム……泣くなんて思わなかったわ! 私の素晴らしいチーム。あなたたちは最高よ」と話し、夫で俳優のダレン・ル・ギャロと6歳の娘アヴィアーナちゃんをステージに呼んで、これまで支えてくれた人々みんなに感謝した。

式典にはほかにも映画『アメリカン・ハッスル』(13)と『メッセージ』(5月日本公開)で共演したジェレミー・レナーと『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が出席していた。