熱愛を噂されるルーニー・マーラとホアキン・フェニックス (c)Imagecollect.

写真拡大

女優のルーニー・マーラが、俳優のホアキン・フェニックスと熱愛を噂されている。

ルーニーとホアキンは映画『Mary Magdalene』(2017年公開)の撮影を昨年イタリアで行い、この映画の共演がきっかけで恋に落ちたと「ニューヨーク・ポスト」紙は伝えた。2人は撮影以外でも一緒に時間を過ごしていたそうで、昨年11月にイタリアのホテルのバルコニーで一緒にタバコを吸っていたという。また、現在授賞式シーズンで、ルーニーの出演作である『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(4月日本公開)がゴールデングローブ賞にノミネートされていたが、ルーニーはホアキンとロサンゼルスから離れた場所で引きこもっていた方がよかったそうだ。2人は最近、カルフォルニア州デザート・ホット・スプリングスにあるスパ「We Care Spa」で目撃されたという。

ルーニーといえば、映画監督のチャーリー・マクダウェルと6年間交際していたが、昨年8月から一緒にいるところをキャッチされていないとのこと。

ホアキンの代理人はルーニーとの噂について、「ただの友人です」「彼らは『her/世界でひとつの彼女』、『Mary Magdalene』、次の映画で仕事をしてきました」「長い間良い友人です」とコメントしている。2人は2018年に公開予定の映画『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot』(原題)で再び共演する予定だ。