2017年1月13日、中国国務院国有資産監督管理委員会が、2016年の国有企業運営状況について報告をおこなった。

 発表によると、国資委が管理する中国国有企業の2016年営業収入は、2015年と比較して4%増加し、43兆6000億元(約725兆7800億円)となった。
 2016年の利潤総額は、2015年から6.3%増加し、2兆3000億元(約38兆2900億円)に達した。

 また、国有企業2016年営業収入の内、中央企業の収入が2015年比2.6%増の23兆4000億元(約389兆5300億円)を占めた。中央企業2016年利潤総額は、2015年比0.5%増の1兆2327億元(約20兆5195億円)とのこと。

(China Press 2017:IT)

%E4%BA%94%E6%98%9F%E7%B4%85%E6%97%97_R.png