コレをするのはダメ上司! 「仕事がデキル上司」が絶対にしないこと6つ!

写真拡大

自分の上司がどんな人かによって、仕事に対する取り組みや出世に関することも、大きく変わってくるものですよね。できれば尊敬できる上司の下につきたいと、誰もが思うものではないでしょうか。仕事がデキル上司が絶対にしないことを、社会人女性に教えてもらいました。

(1)感情的になる

・「感情的になること。いつも冷静で、部下も安心して相談できるのがデキル上司だと思うから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「感情的に怒ること。理由を探してから冷静に怒るから怖い」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

自分の気の向くまま感情的になる上司だと、あまり信用できないもの。仕事がデキル上司であれば、自分の感情のままに動くこともありませんよね。

(2)言い訳をする

・「言い訳。責任逃れのようなことはしないと思う」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「言い訳じみた発言は絶対にしない」(28歳/その他/専門職)

ミスをしたときなどに、すぐに言い訳を始める上司は情けなく感じますよね。デキル上司ならば、言い訳をする前に、自分がすべきことを始めるのでは。

(3)誰かの悪口を言う

・「人の悪口を言う。デキル人はそういうことをしないと思うから」(33歳/不動産/専門職)
・「人の悪口を言わない。相手の意見を一度飲み込む」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

人の悪口ばかり言っている上司も信頼できないもの。特に部下に対しての悪口を言うのは、情けなく思えますよね。本人に直接伝える勇気もなさそうですよね。

(4)責任を押し付ける

・「責任転換。部下のせいにするのは仕事ができない証拠」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「責任を部下に押し付けるようなこと。デキル人は、器が大きいから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

何かあったときに、責任をすべて部下になすりつけてくる上司もいるもの。部下を育てるためには、自分が責任を取ることは必要になってきますよね。

(5)遅刻

・「遅刻。仕事がデキル人は時間にも正確だから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「遅刻をしない。時間にはきっちりしている」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

上司なのに遅刻を繰り返している人がいると、さすがに尊敬はできなくなるもの。部下よりも早く出社するぐらいの人だと、信頼度も上がるのでは。

(6)意見を聞かない

・「部下の意見を聞き入れずワンマンなこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「相手の意見を聞かずに善しあしを判断する」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

上司の中には、部下の意見をまったく聞き入れない人もいますよね。部下を信頼しているのなら、意見を無視するなんてことはできませんものね。

■まとめ

仕事がデキル上司ほど、周りがイヤがることを率先して始めたり、仕事に対して冷静な判断を下すこともできるものですよね。会社の方針や部下のがんばりを考えた上で、適正な判断ができるのが理想的な上司と言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数133件(22〜34歳の働く女性)