『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則 』プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance(メイク ア チャンス)」(著)プレジデント社刊

写真拡大

「女性たちがチャンスをつかみ、活躍するためには?」
そんなテーマのもと、キャリア支援や企業ブランディングのプロと、プルデンシャル生命保険が手を結んで立ち上げた「Make a Chance Project(メイク・ア・チャンス・プロジェクト)」。
プルデンシャル生命で活躍する女性ライフプランナーたちに調査とインタビューを行った結果、女性がチャンスをつかんで輝くための「成功法則」が見えてきました。営業職はもちろん、あらゆる職種・ポジションの女性にとって成長のヒントとなる「10の法則」を、5回に分けてご紹介します。

■法則(5)自分スイッチを多く持つ

優秀なビジネスパーソンでも、フルパワーで走り続けることはできません。ときには息切れすることもあります。そこで立ち止まって動けなくなってしまうのか、エネルギーを充填して再び走り出せるのか。差がつく要因の一つに、「自分の中にエンジンを持っているか」があります。

自分のエンジンを持ち、その「スイッチ」のオン・オフを自由にコントロールできれば、長いビジネス人生のドライブを快適に続けることができます。ときにはスイッチオフしてパワーを貯めることで、スイッチオンした瞬間からチャンスをつかむパワーを発揮できるものです。

2人の女性の「自分スイッチ」をご紹介しましょう。

◆根岸由佳さんの場合

「ライフプランナーに転職したばかりの頃に『「社内コンテストの中でも権威ある賞を獲得する』という目標を掲げ、4年目に達成。けれど、感動に浸る間もなく『次は?』を考え、空虚な気持ちになってしまいました。その後、2年かけて『自分はどうありたいか』を考えた結果、『出会った多くの人に、元気・勇気・気付きを発信し続けられる生き様でありたい』という答えにたどり着きました。それを理念・使命として、自分が働くうえでの『軸』としたんです。それからは、業績という目先の成果に惑わされないようになりました。怠け心が出てきたり、心が折れかけたりしたときも、軸に立ち返ることでスイッチをオンにすることができます」

◆冨田香織さんの場合

「管理職を務めていますが、強いリーダーであり続けようとすると疲弊してしまう。ときにはスイッチを切り替えて、『じぶん』に戻る時間を持っています。リーダーではなく、『ひとりの女性』として接してくれる親世代の人たちとゆっくりお酒を飲むんです。職場でのポジションが上がると、周りに叱ってくれる人が少なくなっていくんですよね。そうなると自分が誤った方向に進んでいたとしても気付けないかもしれない。愛情を持って叱ってくれて、正しい道を示してくれる『人生の先輩』はとても大切な存在。そういう方々と過ごす時間を大切にしています」

■法則(6)論理だけでも感情だけでも人は動かない

誰かを説得しようとするとき、論理的に諭すタイプの人と感情に訴えるタイプの人がいます。

相手やシチュエーションによって、どちらもそれなりに効果を発揮するでしょう。ただし、相手に大きな決断をさせようとするなら、どちらか一方では足りないかもしれません。論理に納得し、気持ちが動いてこそ、人は行動を起こすものです。

論理的な思考と、人としての熱い想い。二つをコントロールしながら相手に向き合うことができれば、多くの協力者を得て、ビジネスを発展させることができます。

うまくいっている女性は、どのようにその力を身に付けたのでしょうか。

◆重松和佳子さんの場合

「前職は消費財のルート営業でした。取引先の店舗に出向く際には、単なる『顔つなぎ』で終わるのではなく、1回1回の訪問目的を意識。商談時の相手のリアクションや課題に対して、『なぜ?』『どうして?』の思考を日々繰り返すことによって論理的な課題解決法を提案できるようになりました。けれど、ライフプランナーになってからは、論理性だけでは不足で、相手の感情を動かすことが大切と実感しました。どうすれば相手の感情に響くかを考え続け、見つけた答えは『自分が相手を本気で愛すること』。そうすれば、相手の利益や幸せを心から願うことができ、相手のためになる行動や言葉選びができます。真摯な愛情は必ず伝わるし、本気の感情で向き合えば、本気の感情が返ってくると実感しています」

◆冨田香織さんの場合

「管理職に就任して、ライフプランナーの活動を支援するようになった当初、『成功してほしい』という感情のみで、メンバーたちにぶつかっていました。成功の道を示すため、理論を持ち出して『今のやり方じゃダメ』と厳しく指摘したことも。でも、それでは人は離れていくだけだと気付いたんです。以来、メンバーが自分自身の思うとおりにやるのを見守り、できたときにほめて自信を付けさせる、という方針に転換。指示・指導をしたくなる気持ちを抑え、質問とちょっとしたヒントの提供を繰り返すことで、メンバーが自分で気付くように仕向けています」

※本連載は書籍『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則』(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」著)からの抜粋です。

(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」)