ツイ廃トランプ、メリル・ストリープに暴言でテレビの笑いものに

写真拡大

 女優メリル・ストリープ(67歳)が米次期大統領ドナルド・トランプ(70歳)を痛烈批判するスピーチをし、トランプがツイッターで反撃したことが大きな話題になっています。

◆大女優をコケにしたトランプにハリウッドから非難の嵐

 先日行われたばかりのゴールデン・グローブ賞でセシル・B・デミル生涯功労賞を受賞したメリルは、スピーチ内で差別的な行動が目に余るトランプを批判。

 米アカデミー賞に史上最多の19回ノミネートされ、同賞を3度受賞している大女優の発言は、米国では大きな影響力を持っています。日本では政治的な発言をする芸能人が少ないため厳密な比較対象はいませんが、メリルの女優としての格はたとえば「吉永小百合クラス」だと言えば彼女の凄さが分かってもらえるでしょうか。
 対して、“売られた喧嘩は何でも買う”でお馴染みのトランプは、ツイッターで「メリルはハリウッドで最も過大評価されている女優だ」と反撃。これにはあのジョージ・クルーニー(55歳)も、「(そんなことより)あんたは国をまとめることを考えるべき」と激怒していると『ピープル People』が報道しています。

 また、反トランプ派でメリルとは旧知の仲のロバート・デ・ニーロ(73歳)は同誌にメリル宛の公開書簡を送り、「誰かが言わなければならなかったこと。君は実に上手く表現していたよ」と大女優にエールを送っていました。

◆人気トーク番組司会者たちも揃ってトランプ批判

 さらに『USウィークリーUS Weekly 』によると、その夜には人気トーク番組の司会者たちが揃ってトランプを批判し、メリルを擁護するオープニングトークを披露。

『ザ・デイリー・ショー』のスティーブン・コルベア(52歳)は、「彼はセレブに喧嘩をふっかけることばかりに精を出しすぎだ」と次期大統領を笑い者に。

 また、セレブとカラオケをしながら街をドライブするコーナー『カープール・カラオケ』が大人気のトーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー』の歌ウマ司会者ジェームズ・コーデン(38歳)は、「メリルが過大評価? あぁ、リアリティ番組出身で自己破産経験のあるスターが大統領に選出されたのと同じってことだよね」と、トランプこそが最も過大評価されている人物であることを暗に匂わせました。

◆ツイ廃老人、今度は「トランプTV」を計画中か!?

 1月11日には当選後初の記者会見を開いたものの、気に入らないメディアからの質問はガン無視するという荒業を披露した次期大統領。やはり彼は、自分の言いたいことだけを発信できるツイッターのようなメディアがお好みのよう。

 トランプのツイッター上での「言いたい放題」はもはや周知の事実です。今回の騒動の直前には、アーノルド・シュワルツネッガー(69歳)がトランプの後釜として司会を務める番組『アプレンティス セレブたちのビジネスバトル』の初回視聴率が振るわなかった理由を、「ヒラリー支持者(シュワルツネッガー)には誰も興味がないのさ」と嘲笑うツイートをしたばかり。トヨタ自動車を批判するツイートも話題となりました。
 その時の感情をただ垂れ流しにするトランプのツイッターですが、米国内で周囲を見回してみると、面白半分で彼の次のツイートを待っている人たちが半分、「ツイ廃老人のたわ言」と相手にしていない人たちがもう半分といったところ。

 セキュリティ上の問題で、1月20日の大統領就任後もトランプがツイッターを続けることはおそらく不可能になります。これでツイ廃老人とはおさらば出来るかと思いきや? 現在、トランプ陣営は「それに代わる暴言ツールとして“トランプTV”なる新チャンネルを作ろうとしている」という噂がまことしやかに囁かれています。

 大統領が好き勝手言いたい放題の恐ろしげなメディアの誕生…。それりゃ、セレブでなくとも米国の未来が不安になりますって!

Source:
『People』http://people.com/movies/robert-de-niro-meryl-streep-golden-globes-speech/

http://people.com/movies/george-clooney-donald-trump-meryl-streep/

『US Weekly』http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/meryl-streep-defended-by-late-night-hosts-after-trump-attack-w460239?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_content=daily&utm_campaign=011017_12

<テキスト / 橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)