マイクロソフトを名乗る不審メールが発生中。同社が注意喚起

写真拡大 (全2枚)

マイクロソフトは、2017年1月11日深夜より同社を装った「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」という件名の不審メールが、不特定多数のユーザーに配信されていると発表した。

「このメールはマイクロソフトから配信したものではなく、記載されている内容は事実ではありません。メールの受信を確認した場合は、開かずに、そのまま削除してください」と同社。

メールを開いてしまった場合でも、本文中に記載のURLをクリックしないようにしよう。URLをクリックすると、クレジットカード情報等の個人情報入力を求められる画面が表示されるが、絶対に情報を入力しないようにしてほしい。

なお、本件に関する問い合わせは、マイクロソフト カスタマーサービスが受け付けている。

法人のお客様 TEL: 0120-41-6755
平日 9:00-17:30 (祝日および弊社指定休業日を除く)

個人の場合 TEL:0120-54-2244
平日 9:00-18:00、土日 10:00-18:00 (祝日および同社指定休業日を除く)

■マイクロソフト カスタマーサービス
■不審メール内容の画像

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

セキュリティに関連した記事を読む
・マイルストーン、ゲーマー向けアンチウイルスソフトのダウンロード販売を開始
・「Pokemon GO」人気に便乗したサイバー犯罪が続出、トレンドマイクロ調べ
・絵文字を使ってゲーム感覚で暗号の基本を学べるオンラインコンテンツ「Codemoji」が公開
・インターネット詐欺の総検知数が大幅に増加、前月比約2.2倍に。BBソフトサービスが公表
・別サービス漏えいデータを利用? Amebaに不正アクセス24万件