画像

写真拡大

 サイバーエージェントのインフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive」に、企業の商品・サービスと親和性が高いと推測されるサイト未訪問ユーザーに「Facebookダイナミック広告」を配信できる機能が追加された。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、インフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive(イグザム ドライブ)」に「プロスペクティング配信機能」を追加した。

 同プラットフォームでは、キャンペーンや広告セットの追加や更新、削除などのオペレーション管理に加え、柔軟なレポート機能や入札機能、クリエイティブの追加、差し替え機能を備えている。

 また、Facebookが提供するパートナープログラム「Facebook Marketing Partner」に同プラットフォームは認定されており、Facebookを始めとするソーシャルメディアのインフィード広告の運用に対応している。

 今回追加した「プロスペクティング配信機能」では、これまで企業のサイト上で商品を閲覧したユーザーのみを対象として配信していた「Facebookダイナミック広告」を、サイト未訪問のユーザーに対しても配信可能になる。

 具体的には、サイトを訪れたユーザーの属性や興味関心と類似しているサイト未訪問のユーザーに対し、親和性が高いと推測される商品やサービスの広告をパーソナライズド配信することができる。

 さらに、サイト未訪問ユーザーへの「Facebookダイナミック広告」配信においても、通常の「Facebookダイナミック広告」配信と同様、Facebookフィード内の情報を用いて、「商品カテゴライズ」や「配信対象オーディエンス」などの配信条件を設定することが可能だ。

MarkeZine編集部[著]