1万9800円で4100mAhバッテリーのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max」は1月14日発売決定

写真拡大

ASUSは、新型のSIMフリースマートフォン『ZenFone 3 Max』を1月14日に発売します。4100mAhの大容量バッテリーを搭載し、モバイル通信時で約20.1時間、待受なら約720時間駆動するという電池持ちが特徴です。

ボディカラーはシルバー、ゴールド、グレーの3色で、価格は1万9800円(税別)。

【ギャラリー】ZenFone 3 Max (17枚)



Android 6.0を搭載する「ZenFone 3 Max」は、5.2型のIPS液晶(1280×720ドット)、薄さ約8.55mmのボディに4100mAhと大容量なバッテリーを積みこんだSIMフリースマートフォン。

バッテリー容量の大きさを活かし、本製品をモバイルバッテリーとして利用し、他のスマートフォンなどのデバイスへ給電することもできます。ベゼルは2.25mmとスリムで、ディスプレイは2.5Dの曲面ガラスを採用。また、背面には指紋認証センサーを搭載しています。

チップセットはMediaTekのMT6737M(1.25GHz駆動、クアッドコア)、RAM2GBで内蔵ストレージ容量は16GB。最大32GBのmicroSDHCにも対応しますが、2つ搭載したSIMカードスロットのうちのnanoSIM用との排他利用となります。

対応バンドは、FDD-LTEはBand1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28、TD-LTEがBand38/41、W-CDMAのBand1/2/5/6/8、およびGSMの850/900/1800/1900MHz。SIMカードスロットはmicroSIMとnanoSIMの2つを装備しています。その他の無線規格はIEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0をサポート。

カメラ性能はアウトカメラが1300万画素、インカメラが500万画素。指紋センサー以外にも、GPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサーを搭載しています。

本体の大きさは約149.5 × 73.7 × 8.55mmで、重さは約160g。バッテリー駆動時間はWi-Fi通信時で約17.7時間、モバイル通信時で約20.1時間、3Gを使った連続通話時間が約1188分で、同じく3Gでの連続待受時間は約720時間。

なお、『ZenFone 3 Max』のケース「Bumper Case」も、本製品と同時期に発売予定。価格は1980円(税別)で、カラーはブラックのみ。