3代目ヴィッツが、1.5リッターハイブリッドを搭載する新グレードの設定と、前後バンパーや燈火類の変更などのビッグマイナーチェンジを果たしました。

1

2010年12月にデビューした現行型ヴィッツは、2014年4月に内外装の変更と新開発の1.3リッターエンジンを搭載するといった進化を果たしていますが、今回のマイナーチェンジはそれ以上の大きな進化といえます。

新たに追加されたハイブリッドシステムは、基本的なスペックは同社のアクアと同等のリダクションギア付き2モーターハイブリッド。JC08燃費性能は34.4km/Lとアクアの37.0km/Lに対して若干下がっていますが、測定条件における車重の違いによるものが大きく、実際の燃費性能はさほど変わらないと考えられます。

前後バンパーなど外観は、ハイブリッドとガソリン車で基本的には共通。バンパーの変更により全長は60mm長い3945mmとなっていますが、最小回転半径は4.7mとして扱いやすさは確保しています。

ボディカラーは、新色クリアブルークリスタルシャイン(オプション)、アバンギャルドブロンズメタリックを含む全17色を設定。カラフルなヴィッツという特徴もそのまま受け継いでいます。

なお、従来モデルにラインナップされていた1.5リッターエンジンのRSグレードは廃止されています。そのかわり、1.3リッターガソリン車とハイブリッド車に16インチタイヤを履かせたSportyパッケージを新設定しています。

走りのブラッシュアップも忘れていません。新構造のショックアブソーバーの採用、ボディ各部のスポット溶接増し打ちなどによる剛性アップなどシャシーを引き締めています。さらにインストルメントパネル周りのブレースの板厚アップにより、優れた操縦安定性と乗り心地を両立しているといいます。

先進安全性能については、従来から設定されているプリクラッシュセーフティシステム「Toyota Safety Sense C」に加え、ヒルスタートアシストコントロールを全車標準装備しています。

ガソリン車のパワートレインは、3気筒1.0リッターエンジンと4気筒1.3リッターエンジンにいずれもCVTをコンビネーション。駆動方式はFFを基本に、1.3リッター車には4WDも用意しています。ハイブリッドはFFだけの設定となります。

メーカー希望小売価格は、ガソリン車が118万1520円〜195万2640円。ハイブリッドは181万9800円〜223万7760円となっています。

■トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU 主要スペック
車両型式:DAA-NHP130
全長:3945mm
全幅:1695mm
全高:1500mm
ホイールベース:2510mm
車両重量:1110kg
乗車定員:5名
エンジン型式:1NZ-FXE
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1496cc
最高出力:54kW(74PS)/4800rpm
最大トルク:111Nm(11.3kg-m)/3600-4400rpm
モーター型式:1LM
モーター形式:交流同期電動機
最高出力:45kW(61PS)
最大トルク:169Nm(17.2kg-m)
燃料消費率:34.4km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:185/60R15
メーカー希望小売価格(税込):2,087,640円

(山本晋也)

トヨタ・ヴィッツにハイブリッドが新設定。価格は181万9800円より(http://clicccar.com/2017/01/13/435023/)