北朝鮮の労働新聞は12日、金正恩党委員長の周りに固く団結し、朝鮮労働党第7回大会の決定を貫徹するため全民総突撃戦で闘わなければならないと訴える社説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

社説は、「朝鮮の一心団結は白頭山の行軍路を揺るぎなく継いでいけるようにする力強い原動力であり、反帝対決戦、社会主義防衛戦で百勝を収められるようにする強力で威力ある霊剣である」と主張した。

また、「血みどろの抗日の炎の中でもたらされ、革命の峻厳な各年代でその純潔性と継承性がしっかり固守されてきた一心団結の貴い伝統は、金日成民族、金正日朝鮮の永遠なる血筋となっている」と強調した。

そのうえで、「千万の軍民が党の周りに思想・意志、道徳・信義の上で固く団結し、祖国の富強・繁栄のために力強く闘わなければならない。朝鮮労働党第7回大会決定貫徹のための今年の全民総突撃戦で一心団結の底知れない威力を余すところなく誇示しよう」と訴えた。