中川大志はアラサーから高校生になる主人公を演じる
 - (C)2017「ReLIFE」製作委員会  (C)夜宵草/comico

写真拡大

 人気webコミックを実写化した映画『ReLIFE リライフ』の30秒予告編が公開され、頭ボサボサで無精ひげを生やす27歳のニート役に挑んだ中川大志の姿が披露された。くたびれたトレーナーで机にはカップ麺の食べかすが放置、そしてタバコを取り出そうとする主人公の生活はまさにすさんだ状態で、現実世界で18歳の中川からは想像もつかないビジュアルになっている。

 本作は、社会でつまずいた27歳ニートの主人公・海崎新太が社会復帰するため、1年限定で17歳に若返る実験に参加し、2度目の高校生活を送る上で芽生える友情や恋に向き合う青春ストーリー。主人公の海崎を演じる中川とヒロイン役の平祐奈のほか、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大といった旬な若手俳優が出演している。

 また本作のエンディングテーマ曲がケツメイシの名曲をシンガー・ソングライターの井上苑子がカバーした「さくら」になることも決定。企画プロデューサーによると、「本映画の主人公の海崎(27歳)が中高生の青春時代に聴いていたであろう曲という目線で、10年前の名曲を探していたところ、『さくら』に出会いました。楽曲の中で歌われる歌詞の世界観は、まさに作品にぴったり。この曲しかない! と運命的なものを感じ、カバーのオファーをしました」とのこと。予告編では井上バージョンの「さくら」も流れており、ケツメイシのラップとアップテンポのメロディーが印象的だった同曲から、10年という時を経てギターで演奏されるやわらかい雰囲気になっている新「さくら」を聞くこともできる。(編集部・井本早紀)

映画『ReLIFE リライフ』は4月15日より全国公開