映画「闇金ドッグス5」で主演を務める青木玄徳がインタビューに応じた

写真拡大

1月14日(土)からシネマート新宿ほかで公開される映画「闇金ドッグス5」で主演を務める青木玄徳にインタビュー。作品の見どころの他、自身の役どころ、共演者の印象などを語ってもらった。

【写真を見る】“相棒”ともいえる山田裕貴について印象を語る青木玄徳

――今回でシリーズ通算第5作目ということですが、最初にお話を聞いたときはどのようなお気持ちでしたか?

その後というのも面白そうだなと思いましたし、ありがたく撮影に参加させていただきました。しかも主演という立場で、なかなか面白い作品を作れたんじゃないかなと思います。

――あらためて青木さん演じる須藤司の役どころを教えてください。

元ホストで、闇金業者に借金している側の立場だったんですが、ひょんなことから“ラストファイナンス”の安藤忠臣(山田裕貴)と接点を作り、忠臣に付いていくことになり、そして今ではすっかり忠臣の下で生きる闇金業者になっていく、そういうキャラクターですね。

――“元ホスト”として演じる上で苦労されたことはありますか?

ホストの方の気持ちが本当に分からなくて、見よう見まねでしたね。“ホスト感”に関しては。台本にはホストという肩書以上に人間性が描かれていて、素直にその人間性を受け取ってキャラクターを生きる。いろいろホストが出ているシーンとか、好きなドラマとか映画とか見て参考にしました。

――山田裕貴さんとは今シリーズで初共演だと思いますが、最初の印象はいかがでしたか?

もっと堅い感じの方なのかなと思っていました。でもすごくフラットで、浮き沈みなく、和気あいあいと(笑)。そういう感じの方でした。

(芝居の話は)そこまでは話してないです。ただお互い芝居を見ているんで、どういうふうに感じるかが全てだと思うし、やっぱり「こう感じてほしいな」とこっちに依頼があったとしても、それは言わずにお芝居で実際にやって、向こうが感じてくれるというのは一番ベストなやり方だと思いました。

こっちがこうやってほしいな、ああやってほしいなとか思っているときに、それをやってくれる上に、向こうも「じゃあ、これもう1個足してもいい?」っていう話もあるんで、「ナイスなアイデアをありがとう」みたいなところはお互いにあると思います。すごく肩の力を抜いて芝居のできる役者さんですね。

――各シーズンさまざまなゲストの方が登場するわけですが、どなたか印象的な方はいらっしゃいましたか?

皆さんすごく印象的なんですけど、現場で印象を持っちゃうとあまり良くないと思っていて、作品を見て印象に残ったのは、高岡奏輔さんでしたね。第1作でしたね。現場で見ていました。

結構淡々とお芝居をされるんですよ。それがこんなにおっかないんだと。いい“間”で、いい位置で、いいタイミングで振り向くんです。セオリーを知りきっている、それがすごく衝撃的でしたね。

――たばこを吸うシーンも高岡奏輔さんが一番迫力ありました。

高岡さんが「一番うまいたばこはもらいたばこだ」(※第1作の1シーン)と言ったらやっぱりまねしたくなりますよね(笑)。仕事中とかも「一番うまいたばこはもらいたばこだ」って言いたくなりますよね。そういうカリスマ性を内に秘めている方だと思います。

――今回の第5作で、青木さんの戸籍上といいますか、書類上の奥様が………

ちょっと間違えてもらいたくないんですけど、青木さんじゃないです、“須藤さん”ですからね(笑)。須藤さんは椿原っていうんでしたっけ? 名字が椿原だったということも判明して。僕自身が須藤という男に対して知らないことがたくさんあって、台本を読んでこいつを知れるというのは僕の中でも楽しいことで、客観的に見ればすごく面白い話で、知り合いにこういうやつがいたら、ちょっと連絡を取り続けたいうちの一人だなと。あんまりなかなかいないタイプですね。

――須藤さんじゃなくて青木さんは、普段ご自身が出演される作品を、ご自身でもチェックするタイプですか?

見たくないなと思っていたんですよ、自分が出ている作品は。でも見ないことには成長できないなと思って。まぁ辛い顔して見てますけどね、自分が出ているシーンとかは。

あの時のこういう感情の時は、俺こういう顔してるんだというのはすごく勉強になるんで、それが多分引き出しなんだと。だからそういうのを、なるべく自分が出た作品は怖いけど見て、見たくないというよりは怖いんですね(笑)、自分がどういうふうに出るか、どういう声でしゃべっているか。でもまず勇気を出さないことには成長しないと思って。

――今作も非常に個性的な役どころではありますが、今後こんな役を演じてみたいなど思いはありますか?

バンドマンの役とかやってみたいですね。ボーカルでいきましょう(笑)。楽器弾けないし、弾く練習期間も取れないと思うんで(笑)。ボーカルでいきましょう。正直(歌も)そこまで自信はないですけど、一応ミュージカルとかも何回かやらせていただいているので、多少それなりに歌も。何かそういうお話が来てから焦点を定めてやることはあるかもしれません。

――今回は映画ですけど、例えばバラエティー番組に出演したいなとか思いますか?

いや〜出てみたいですよ(笑)。旅番組がやりたくて仕方ないですね。この前「俺旅」(tvkほか)という旅番組をやらせていただいたんですけど、とても楽しかったので。

――トーク番組とかいかがですか?

トーク番組とかも出てみたいですね。もちろん出てみたいですよ(笑)。「踊る!さんま御殿!!」? そんなところに出られるほどの男になれるとは思ってないですよ(笑)。「徹子の部屋」? そんなレベルの高い番組に出られたら最高ですけどね。夢のまた夢ですよ。

――では最後に作品の見どころをお願いします。

今回は現実的なお話をインスパイアしたというのが主軸にあるんですね、そういう現実もあるよと。忠臣編は熱くて暗いお話、須藤編はちょっとほんわか温かさがあるみたいなイメージが付いたかと思うんですけど、それを破壊できるくらいの物語があります。「闇金ドッグス5」をよろしくお願いします。