辛亥革命を支援した梅屋(「孫文・梅屋庄吉と長崎」HPより)

写真拡大

 戦前の大富豪たちは、今では考えられないほどのスケールでカネを稼ぎ、そして使いまくっていた。彼らは、世界と伍していくために邁進していく戦前の日本の映し鏡でもあった。歴史に造詣の深いライフネット生命会長・出口治明氏が監修、忘れられた大物実業家たちの軌跡を辿る。

 * * *
 梅屋庄吉は日本で始まったばかりの映画ビジネスで財を成し、自ら稼ぎ出した巨万の富を中国の革命家・孫文に送金し続けた人物だ。

 中国の革命家と長崎生まれの野心的な実業家──互いに20代だった二人が出会ったのは1895年。写真の技術を学んでいた梅屋は、シンガポールで写真館を開いた後、香港に移り住んで「梅屋照相館」を経営していた。この写真館に孫文の恩師である医学博士のジェームス・カントリーが出入りしており、それが二人の間をつないだという。

「梅屋照相館」で出会った二人はたちまち意気投合し、東洋の平和実現をテーマに夜遅くまで語り合った。「中国の未来のためには革命を起こして清朝を倒すしかない」と話す孫文に対して、梅屋はこう言ったという。

「君は兵を挙げたまえ。我は財を挙げて支援す」

 そして、梅屋はこの言葉を生涯にわたって守り通すことになるのである。

 明治元(1868)年に生まれた梅屋は、長崎の貿易商の息子として育った。当時の長崎は上海との交易の窓口であり、江戸時代から続く海外文化の出入り口だった。幼い頃から異国の文化に触れてきた梅屋は、14歳の時に初めて上海に渡ってアヘン戦争後の大陸の姿を見た。

 続けて米国への留学を計画するが、乗り込んだアメリカ籍の船で彼が目にしたのは、あまりに驚くべき光景だった。そこではアメリカ人の船長がコレラに罹った中国人の乗員を袋に入れ、海に投げ捨てていたのだ。

 梅屋の曾孫で、『革命をプロデュースした日本人 評伝梅屋庄吉』の著者・小坂文乃さんは語る。

「梅屋は義憤を感じ、アジアの文化を日本人も中国人も一緒になって守らなければならない、と思ったのでしょう。その意味で同じ10代の頃に外から祖国を見つめてきた孫文と共鳴し、思いを一つにしたのは自然なことでした」

 梅屋は写真館から発展した映画ビジネスで大成功を収めた。特にシンガポールでのビジネスは大当たりし、帰国時に50万円(現在の価値で約14億円)もの大金を持ち帰ったという。

 当時の映画は最先端のメディアであり、ビジネスであった。帰国後の梅屋が設立したM・パテー商会(日活の前身)は、南極探検の記録映画の制作、伊藤博文の葬儀を日比谷公園に潜入取材して伝えるなど、先進的な試みを打ち出していく。

 そうして稼いだ資金を梅屋は約束通り、孫文に惜しみなく送っていくのである。その送金方法はときにスパイ映画さながらで、映画のフィルム缶に札束を詰めて革命軍に届けたこともあった。辛亥革命後の1913年、孫文は日本に亡命する。その際、彼を匿ったのも梅屋で、翌々年の宋慶齢との結婚披露宴も自宅で執り行なった。

 孫文の死後、銅像を南京に寄贈した梅屋は、その後も悪化を続ける日中関係の改善に尽力した。だが、日中戦争が始まる前の1934年に倒れ、65歳で生涯を閉じた。そのとき、事業で稼ぎ出した金は使い果たされていたという。

 梅屋が生涯を通して好んで使い、信条とした言葉がある。「貴富在心」―─富や貴さは心の中にこそあるという意味だ。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号