【詳細】他の写真はこちら

あー、落ち着くわー。いろんな外部接続ポートがあるのを見ると心が落ち着くわー。

2016年10月にアップルから発表された、『新型MacBook Pro』。なんだかおしゃれなTouch Barや薄くなった本体、そして新規格であるUSB-C形状のThunderbolt 3を搭載した先進設計……までは良かったんですが、今までいろんな種類があった外部接続ポートが根こそぎなくなってるじゃない! SDカードリーダーも従来型のUSBポートもない『新型MacBook Pro』では、周辺機器の接続に変換アダプタのお世話になりまくりそうな予感です。

しかし、そうお嘆きのあなたのために発表されたのが、『新型MacBook Pro』用のサードパーティー製ドッキングステーション『OWC DEC』。



この『OWC DEC』を、『新型MacBook Pro』本体が備えるThunderbolt 3ポートのうちひとつを用いて合体させてみると、あら不思議。『新型MacBook Pro』の側面に懐かしのSD/マルチメディアカードスロット、Type-AのUSBポートが3つ、さらにギガビット・イーサネットポートが増設されたじゃないですか。これでデジカメで撮影した画像を素早く転送したり、旅先のホテルで有線インターネットをしたり、なにより現行iPhone付属のケーブルでiPhoneが充電できるようになるんです。

さらに『OWC DEC』は外部接続ポートだけでなく、内部に最大4TBまでのFlash/SSDストレージを増設可能。最近のMacラップトップはストレージが増設できなくなって久しいですが、4TBもあれば安心して動画編集などもできそうです。



『OWC DEC』のボディは航空機グレードの超精密なアルミニウムの削りだし。メーカーによれば0.0001インチ(約0.000254センチ)単位の正確さで精密に製造されるとのこと。その質感は、もちろん『新型MacBook Pro』のかっこいい本体にもバッチリ似合います。

え、本体がすごい分厚くなってる? いや、気のせいじゃないかな〜そんなには厚くないような……ごめんなさい、やっぱりめちゃくちゃ分厚いです。これも、外部接続ポートや内部ストレージの追加とのトレードオフと割り切るしかないでしょう。

『OWC DEC』は現在製品開発中となっており、公式ホームページにてメールアドレスを登録すると最新情報が配信されます。製品の出荷時期は今年春を予定。『新型MacBook Pro』を買ったけど、「どうしても外部接続ポートの少なさに我慢ができない!」という皆さん、検討してみる価値はあるかもしれませんよ。

文/塚本直樹

関連サイト



『OWC DEC』製品情報ページ

関連記事



「Touch Bar」付きを買うべきか。現行Macはどれが買いなのかを真剣に検討してみる

同じに見えても大違小型タッチ液晶「Touch Bar」搭載で、ついに「F」キーがなくなった新型『MacBook Pro』