写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京オートサロン2017」が13日に開幕する。今年は初の取組みとして「Future Road Car Parade」を実施。東京オートサロン事務局と幕張メッセが協力し、国家戦略特区を活用して行うもので、先進技術車両とカスタムカーが一般道路を走行する。

「Future Road Car Parade」は35回目を迎える東京オートサロンで初めて開催されるもので、「先進技術でクルマの未来が、カスタムでクルマの明日が、見える!」として、 自動車の先進技術をわかりやすく伝えるコンテンツとなっている。

先進技術デモンストレーションとして、スバル「インプレッサ」とメルセデス・ベンツ「Eクラス」が参加。「インプレッサ」は「アイサイトver.3」による「全車速追従機能付きク ルーズコントロール」と「プリクラッシュブレーキ」、「Eクラス」は「ドライブパイロット」による「アクティブパーキングアシスト」と「ディスタンスパイロット・ディストロニック」のデモンストレーションをそれぞれ行う。

一方、カスタムカーは、「国際カスタムカーコンテスト」受賞車両を含む公道走行可能なナンバー付きカスタムカー6台が参加するとのこと。パレードは1月13日(東京オートサロン初日)の12〜13時、ビジネス通りにて実施される。

「東京オートサロン2017」は1月13〜15日の3日間、幕張メッセで開催。チューニングやドレスアップのための新製品やカスタムカーが多数展示されるほか、アンバサダーとして哀川翔さん、スペシャルゲストとしてピコ太郎さんも来場する。13日の入場料は前売り2,600円、当日売り3,200円。14・15日の入場料は前売り1,800円、当日売りは大人2,200円・中高生1,700円となっている。

(山津正明)