今回は、ちょっと珍しい楽器の写真から、話を始めてみたいと思います。こんな楽器、ご覧になったこと、あるでしょうか?

 ギターのようで、ギターでない、お琴のようで、お琴でない。

 それは何かと訊ねたら・・・というような楽器ですが、これ、マウンテン・ダルシマーと呼ばれています。

 別名「アパラチアン・ダルシマー」。

 アパラチア山脈つまりアメリカ新大陸の楽器ですが、原型は欧州中北部の各地に存在する民族楽器を、開拓移民の人々が今の形に改めた「山の楽器」であるようです。

「山の楽器」のメカニズム

 「大草原の小さな家」のような、開拓初期のアメリカ。近くに町や繁華街があるわけでもなく、時には野生動物や様々な外敵からの襲撃にも怯えながら、屯田兵のような生活の無聊を慰めるように工夫された楽器らしい。

 さて、この「山の楽器」、普通のギターなどと少し違うところがあるのに、お気づきでしょうか?

 少し写真を拡大してみましょう。普通のギターなどは上の写真のような形をしていて、ネックの部分を拡大すると下の写真ようになっている。

ギター


ネックの部分を拡大すると・・・


 ところがアパラチアン・ダルシマーのネックをよく見てみると・・・。

パラチアン・ダルシマーのネック。フレットの間隔が不均等になっている


 ギターのように「均一」にフレットがついておらず、不均等な間隔になっている・・・。この質問、中学高校生を中心に多数の子供に尋ねてみたのですが、全員そのように答えました。

 そう、アパラチアン・ダルシマーのフレット間隔は不均等なのです。開放弦を弾いたとき「ド」の音がしたとしましょう。ここで、

第1のフレットの場所で弦を抑えると「レ」
第2のフレットの場所で弦を抑えると「ミ」
第3のフレットの場所で弦を抑えると「ファ」
第4のフレットの場所で弦を抑えると「ソ」

 ミとファの間の音程は半音ですね。で、そこのフレット間隔が狭くなっている・・・。

 つまりこの「山の楽器」は、細かな半音刻みのフレットではなく、ドレミファソラシドの全音階が鳴るように作られた簡単な楽器、たとえて言えば、白い鍵盤だけで作られたおもちゃのピアノのように、単純な響きだけが出る楽器なんですね。

 この方が「山の楽器」としては好都合だったのはよく分かります。

 昼間の間、開墾に、農作業に、あるいは狩にと忙しかった山男たちが、疲れを癒すべく、暖炉のほとりででも膝に乗せたのでしょうか、この可憐な小楽器を弾くとき、難しい技巧がなくても、単純で明るい音が響き渡る。そういう目的に合致していたわけです。

 ここで、多くの子供が「均等」と答えたギターの方に少し目を向けてみたいのです。ギターのフレットは「均等」についている。

 なるほど、山の楽器に比べれば、はるかに均一に「近い」ように見えます。しかし、ネックの先の方と真ん中あたりでは、そうとう間隔が違っていますよね?

 この事情はマウンテン・ダルシマーも同様です。

 だいたい、ドレミファソラシドという音階に私たちは馴れているように思いがちだけれど、いったい弦の上でどのような位置を押さえたら、ドやレやミ、ソやラになるのでしょう?

分からなかったら調べてみよう!

 改めてそう問われると、多くの人はすぐにはピンとこないですよね。大丈夫です。東大生100人に尋ねても、あるいはバイオリンやチェロを専攻する芸大生、芸高生に聞いてもも、みな「え・・・?」と言って立ち止まります。

 いったい「ドレミ」の音階は、弦の長さでどれくらいのところを押さえると得られるのでしょう?

 分からない? 分からなかったら測ってみればいいじゃないですか。

 というわけで、レーザー距離計で、フレットが切り出す弦の長さを、現実に計測してみるという課題を考えることができるわけです。

 自分で調べて、実際に分かったら、確信が持てますよね。音楽に限らず、また科学に限らず、自ら調べ、自ら学ぶ、万古不易の基本だと思います。

ドイツ・ボッシュ製のレーザー距離計


距離計でフレット間隔を測ってみる


正解ありき、の問いではなく・・・

 というようなカリキュラムを、1月22日に日本学術振興会の委嘱、東京大学が主催して安田講堂で実施する「ひらめき☆ときめきサイエンス 中学高校生のための管弦楽指揮教室」で、生徒たちに考えてもらおうと思っています。

 実際には、例えば弦の真ん中を押さえると1オクターブ上の音がすることを知ってる人はいるでしょう。

 ギターやベースを弾く人は、チューニングのとき弦の3分の1の場所や、4分の1のところを触りながら「ハーモニックス」でチューニングする・・・ということも、ご存知だったりするかもしれない。

 そこまで知っていても、例えば、

 「ドとレの比率は何:何?」

 と訊ねて、即答されたことは今のところまだありません。ドとレが難しいとしても「ド・ミ・ソ」なんて、シンプルな響きがするはずですよね? 

 「その比率は?」と訊ねられて、答えられるミュージシャンは21世紀には少ない。

 「そんなものは楽器作りの職人に任せておけばいいんだ。アーティストはアートをやっていればよく、そういう技術みたいのは・・・」

 とか言う輩を、嘆かわしいことに20〜21世紀の世界ではチラホラ見かけます。しかし、例えばバッハの時代、チェンバロやハープシコードは、演奏のたびごとに奏者が自分で調律しなければなりませんでした。

 生前のヨハン・セバスチャン・バッハ本人は「オルガン鑑定人」として名高く、こうした調和のメカニズムに精通していました。

 だから「平均律クラヴィーア曲集」のような作品を遺すことができた。伝統的な西欧音楽ではこういうことを修めて初めて第一人者と見なされ、楽器や歌などの実技だけでは長らく一目置かれることがありませんでした。

 それは、キリスト教教会の高位聖職者が、神の恩寵の顕現として、こうした調和がたち現れる、と考えてメカニズムを理解、把握し、指導していたという事情が関係しています。

 閑話休題。

 私たちは何となく「ドレミ」の音階を知ったような気になっている。でもその実、ほとんど何も知らない。

 「知らなかったら測ってみよう!」と、私は中学高校生たちに、レーザー距離計などの機器を渡します。

 そこで、実際に長さを測定してみる。そうやって得られるのは「生データ」にほかなりません。これをどのように理論していくのか。その際、私は先にモデルを与えません。

 「君の好きな割合で、仮説を立ててごらん。実はこの問題には唯一の正解がない。複数の正解と、もっと多くのスカがある。答え合わせを先にするのではなく、まず自分でモデルを考えてごらん」

 そういうカリキュラムを組んでいます。

 実際、唯一の正解はないのです。ギターで実現されている弦の間のフレット間隔、より正確に言えば比ですが、それと、例えばこんにちピアノを標準的に調律するときの調律とは、およそ似ても似つかない代物です。

 各々に利点があります。

 ギターのフレットは、より「純正調」に近く、美しい響きがします。ただし、転調するとうまくいかないことがあったりもする。

 翻ってピアノの調律は、長調短調24の調性どれで弾いても何となく成立するので、1曲の中での「転調」が自由自在です。

 これがなければ、バッハ音楽の壮麗な体系は決して生み出されることがありませんでした。

 が、同時にバッハたち以降の時代の「平均律」は、大半の音律が微妙に「ずれている」。つまり音痴でもあるんですね。唯一の正解はない。各々にメリットとデメリットとがある。

 私が中学生、高校生に教えるとき、最初に言うのは「自ら調べ、自ら納得したものは、決して忘れることがない、自ら学ぶことになる」という点。

 次に言うのは「正解は決して1つではなく、7つの異なる方法で同じ現象を評価できれば、理論家として筋の良いスタートライン」といった内容になります。

 今回もまた、フレットの話の「正解」はここに記しません。ピタゴラスの3度と純正調の3度、平均律のそれとは全部違う。

 そこで、そういう複数の「正解たち」の長短を、現象としてもあるいはメカニズムとしても明快に理解し活用できるならば、それらの「パレット」を自在に駆使してより豊かな音楽を生み出せるミュージシャンとして活躍できる。ちょうどバッハがそうであったのと同じように・・・。そんなふうに教えるわけです。

 学生に質問すると「・・・うーん 覚えてません」と答える場合が多い。

 「それ、違うだろう。自分の頭で考えてごらんよ」

 と私は言うわけですが、これは教室内だけのことではない。実は人類の歴史を通じて知の探求、芸術の追求での王道にほかなりません。

 紙幅が尽きたので、クイズを最後に残しておきましょう。

 「ド・ミ・ソ」のコードって、弦の長さで考えたら何:何:何の比にしておいたらいいんでしょう?

 正解は「ひらめき☆ときめきサイエンス」本番以降の回のお楽しみに取っておきますので、どうぞ一度考えてみて下さい。こういう基本を体で知っていると、楽器や歌をやっている人は必ずうまくなりますよ!

(つづく)

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:伊東 乾