ファーストクラスに赤ちゃんはダメ?(出典:https://www.instagram.com/somethingnavy)

写真拡大

レストランやカフェなどと違い、その場から移動することが出来ない飛行機内での子供の泣き声は、ときに周囲の乗客をうんざりさせ苦情の原因にもなる。このほど飛行機のファーストクラスに娘を連れて搭乗した母親が、乗務員からエコノミークラスへ移るように言われた経験を自身のInstagramで綴り、物議を醸していることを英米各メディアが報じている。

米ニューヨーク在住のアリエル・ノア・チャーナスさん(29歳)は約95万人のInstagramフォロワーを持ち、「Something Navy」という自身のサイトのファッションブロガーとして知られている。

そんなアリエルさんが、昨年12月29日に経験した飛行機内での出来事をInstagramに投稿すると、それが反響を呼び各メディアで伝えられるところとなった。

アリエルさんは生後9か月になる娘ルビーちゃんを連れて、初めて親子で飛行機に乗ることになった。夫ブランドンさんとアリエルさんは、ルビーちゃんが普段ベビーベッドで寝ているように機内でも横たわって眠れるようにと、ニューヨークシティからロサンゼルスまでの6時間のフライトのファーストクラスの航空券を購入した。

ところがアリエルさんらがデルタ航空のファーストクラスに搭乗するやいなや、他のファーストクラスの客たちはうんざりした表情を見せたという。前日の夜、ルビーちゃんはあまり眠れていなかったようで搭乗する際にはぐずって泣いていた。アリエルさんはなんとか娘をなだめようと必死になっていたが、10分後に客室乗務員から移動するように言われたのである。

「乗務員は『ファーストクラスの他の乗客から苦情が出ているから』と言って、私と娘をエコノミークラスの後方部へ移動するように頼んで来たんです。まるでエコノミークラスの乗客はどうでもいいというように、泣いている娘と私をファーストクラスから移動させようとしました。」

アリエルさんは「乗務員は泣いている娘に理解を示して助けようとはしてくれなかった」とInstagramに綴り、すでに限界まで達していたストレスと不安感で思わず機内で泣いてしまったという。

結局、アリエルさんはエコノミークラスへ移動することを拒否した。泣き続けるルビーちゃんを抱っこし、通路を行ったり来たりしてなだめ続けたそうだ。幸いにも離陸時にはルビーちゃんは泣き止み眠ってしまったおかげで、フライトはスムーズに行ったようだが、アリエルさんには不快な思いが残ってしまった。そこでアリエルさんは、「赤ちゃんを連れて搭乗することの善悪はいろいろ世間でも話題になっていますが、今回のことをみなさんはどう思いますか?」とフォロワーに意見を求めた。するとその投稿には2,000件超のコメントが寄せられた。

「エキストラのお金を払ってファーストクラスやビジネスクラスに乗る人たちは、その時間を静かで平和に、ゆったりと過ごしたいと思う人たちが多いのではないか。わざわざ高い料金を払っているのに、うるさい赤ちゃんの泣き声なんかは聞きたくないはず。エコノミークラスにだって、バシネットはあるから赤ちゃんを横に寝かせることはできるのでは?」
「子供や赤ちゃんの声を機内で聞きたくない人がいると考えるのは当たり前のこと。ファーストクラスやビジネスクラスに赤ちゃんを乗せるべきではない。」
「あなたは自分が受けた行為に腹を立てているようだが、ファーストクラスにはあなた以外にも客はいる。あなたは我が子の泣き声に慣れているのだろうが、他の乗客にとってはうるさいだけだ。」

このような“子供をファーストクラスに乗せるべきではない。航空会社は規制をするべきだ”という厳しい意見が届いた。

一方で、以下のような援護の声も寄せられている。