「美しい星」キービジュアル (C)2017「美しい星」製作委員会

写真拡大

 三島由紀夫の異色SF小説を映画化する「美しい星」の特報が、このほど公開された。ある日突然、「自分たちは地球人ではない、宇宙人だ」と覚醒する家族の様子が収められている。

 原作は、三島が1962年に発表したSF小説。物語の舞台を現代に置き換え、異星人として人類を救おうと奮闘する一家が、騒動に巻き込まれていくさまを描く。「当たらない」ことで有名なテレビのお天気キャスターで父の大杉重一郎をリリー・フランキー、フリーターの長男・一雄を亀梨和也、美しさがコンプレックスの長女・暁子を橋本愛、“水ビジネス”にはまる母・伊余子を中嶋朋子が演じる。

 映像は、平凡な家族が異性人として目覚めるシーンから始まる。重一郎は火星人、一雄は水星人、暁子は金星人として、美しい星=地球を救う使命に燃える。一家で唯一地球人のままの伊余子は、地球の行く末ばかりを心配する家族に怒り心頭の様子だが、重一郎や暁子は空に向かってサインを送り続け、ついに2つの光る飛行物体が現れる。最後には「地球は救う価値がありますか」と意味深なナレーションが流れ、波乱の展開を予感させる。

 メガホンをとるのは、「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督。「映画を撮り初める前から『美しい星』を映画にしたいと思っていました。映画監督になりたいというより、『美しい星』を監督したいと思っていました」という熱い思いで製作に臨んでおり、甲斐聖太郎とともに脚本を執筆した。

 「美しい星」は、5月から全国で公開。