ある日平凡な家族が突如、宇宙人として覚醒する映画『美しい星』
 - (C)2017「美しい星」製作委員会

写真拡大

 『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が三島由紀夫の異色SF小説を映画化する『美しい星』(2017年5月公開)の初映像が公開。特報で、リリー・フランキー、亀梨和也ら演じる一家がある日突然、宇宙人(!)として覚醒していく不思議な映像が一部観られる。

 文豪・三島由紀夫が1962年に発表した原作は、父は火星人に、長男は水星人に、長女は金星人に覚醒していくという奇想天外な設定が話題を呼び、故・大島渚監督も映画化を希望したという。そして、同小説に魅せられた吉田監督もまた映画化を熱望し、舞台を現代に置き換える大胆な脚色に挑戦。主人公の当たらないことで有名なお天気キャスター、重一郎をリリー・フランキー、その長男でフリーターの一雄を亀梨和也、長女の美しい女子大生・暁子を橋本愛、妻の専業主婦・伊余子を中嶋朋子が演じる。

 今回公開された特報映像では、ピアノが奏でる心地よいメロディーから一転、「ある日、突然平凡な家族がーー宇宙人に覚醒した」のテロップが映し出されるのと同時に爆発音のような轟音が鳴り響き、「わたしは火星人として……!」(リリー)、「金星からきたの」(橋本)、「地球、地球って、みんな家族はどうでもいいわけ?」(中嶋)と一家の面々にただならぬ変化が生じていく。ちなみに今回の映画化ではなぜか母親だけ地球人の設定になっている。

 とりわけ目を引くのは、重一郎、暁子が宙に向かって繰り出すダンスともつかない妙なポーズ。暁子が海辺にたたずんでこのポーズを見せるシーンでは、空に複数の閃光が。UFOのようにも見え、ぶっ飛びの世界観にあぜんとなること必至!(編集部・石井百合子)