1月21日(土)スタートのドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)に出演する宮脇咲良(左から3人目)らが取材会に登場

写真拡大

1月21日(土)スタートのドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)の取材会が行われ、宮脇咲良(HKT48/AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、兒玉遥(HKT48/AKB48)、島田晴香(AKB48)、白間美瑠(NMB48/AKB48)、松村香織(SKE48)、向井地美音(AKB48)、横山由依(AKB48)が出席した。

【写真を見る】松井珠理奈と島田晴香がリングで激闘!

松井、兒玉、白間らはコスチューム姿で登場し、島田と松村はヒール役ということでインペクトのあるメーク姿も披露した。

本作は、女子プロレスの世界を舞台に、AKB48メンバーが“闘う女子高校生”として女子プロレスの世界に殴り込むというもの。衰退した錦糸町道場を再生させようと奮闘するメンバーに、宮脇、向井地、横山ら、対抗する白金ジムには松井、兒玉、島田、松村、白間らが参戦。

豆腐店と錦糸町道場を営む父親と暮らす女子高校生役の宮脇は「プロレスの予備知識は全くなかったのですが、先日プロレスの観戦をして間近で見る迫力に心を奪われました。私たちもアイドルながらにプロレスを通じて感動を与えられたらと思います」と意気込む。

スターレスラー集団・白金ジムのエースである“ハリウッドJURINA”こと松井は「撮影という名の闘いと言いますか、試合はもう始まっているので気合は十分です! プロレスファンの皆さまは、『AKBがプロレス!?』と思うかもしれませんが、本気で応援していただけるようなプロレスができるように頑張りたい」とすでにエースらしい貫禄を。

ハリウッドJURINAと“パワーストーンズ”というペアを組む“エメラルドHARUKA”こと兒玉は「まさか、アイドルになってプロレスをするとは思っていなかったです(笑)。ですが、やり始めると楽しくて、仲間との協力プレーなど見どころはたくさんあるので、目を離さずに見てください!」とアピール。

ヒール役の島田は「役のために12kg痩せましたが、増量中で今は5kgくらい増えて51kgくらい。松村とヒール役を2人でやりますが、ヒールに合う体作り、プロレスに合う体作りをして、プロレスファンの方にはAKB48を、AKB48ファンにはプロレスを好きになってもらえるように一生懸命頑張りたい」と気合十分な様子だ。

島田と同じくヒール役の松村は「新日本プロレスの棚橋弘至選手、真壁刀義選手、本間朋晃選手と一緒にCMの撮影をやらせていただきましたが、まさか自分がプロレスをやるなんて思ってもいなく、特に本間選手はこのお仕事が決まったと報告をしたら、私の役に合うオリジナルの技を考えてくれると。本間選手から技を教えてもらったら、どこかで披露したいです!」と告白。

白間は「小さい頃から動くことが好きだったので、たくさん動き回って躍動感あふれるプロレスをお見せしたい。'16年末の総合格闘技で優勝したミルコ・クロコップ選手と私は名前が似ているので、プロレス界の“ミルコ・シロコップ”になりたい(笑)」と笑いを誘った。

宮脇の親友役の向井地は「一番体が小さく、運動神経も子供の頃から本当になかったので、プロレスをやるのは不安…。ファンの方にも心配されて、『島田さんに踏みつぶされないように気を付けてね』と言われましたが、私も“やればできる! 強いんだ!”というところを見せていきたいのと、心も体も強くなりたい」と宣言。

錦糸町道場の唯一の門下生である横山は「私一人、制服を着ていません。24歳の役ということで、おばさん扱いを受けることになっています(笑)。そんな時代になったんだなと自分でも驚いています。

このドラマのために、キックボクシングへ通い始めて、右利きですがサウスポーの方が格好いいと思い、左キックに変えているので、それを披露する機会があれば!」と意欲を見せた。

現在、第一線で活躍したプロコーチ2人の下、本格的なトレーニングをしているAKB48メンバー。白金ジムのメンバーは自身の繰り出す技について、松井は「“ハイフライフロー”という技。私がやる技なので名前が“フライングJURINA”と付いています。飛びます!」と明かす。

また、兒玉は「“ジャベ”という関節技です」、島田は「きょう、“ジャイアントスイング”という技をやらせていただきました。2人でやるブレーンバスター。力技なので、そこにも注目してください!」、松村は「“くい打ち”という脳天チョップの技」、白間は「自分の技はないのですが、技を決めるときに大阪らしく『なんでやねん!』と言います!」とそれぞれ語った。

さらに、アイドルとプロレスの共通点について、宮脇は「プロレスを観戦した際に、観客の方も一緒になって戦っているところが、AKB48グループに似ているなと」と話し、一方の松井は「人生に似ていると感じました。

躓いて転んでも転んでも立ち上がる強い気持ちが、プロレスを見ていて感動して。グループにも良い事や楽しいことはたくさんあるけど、悲しいことも悔しいこともあって、たくさんの方に応援してもらって、みんながいるから立ち上がれる、そういったところが似ているかな」と熱弁を振るった。

そして今回、松井と島田がリングに上がりプロレスを披露! 松井は「カーン!って鳴らして!」とゴングをお願いし、士気を高め、ゴングの音と共に島田とぶつかり合った。

互いにうめき声を上げながらも松井が島田にヘッドロックを決めるなど、アイドルとは思えない迫力満点のパフォーマンスを見せた。