11日、中国陝西省で13年8月、産婦人科医院から乳児21人が医師に誘拐され、その後市内の児童養護施設に引き取られていたことが分かった。しかし、被害者の家族に通達があったのは3年後の昨年秋だったため、批判が噴出している。資料写真。

写真拡大

2017年1月11日、未来網によると、中国陝西省で13年8月、産婦人科医院から乳児21人が医師に誘拐され、その後市内の児童養護施設に引き取られていたことが分かった。しかし、被害者の家族に通達があったのは3年後の昨年秋だったため「行方不明になった当時、当局に訴えたがもみ消された」と批判が噴出している。

事件があったのは、同省渭南市富平県の産婦人科医院。生まれたばかりの乳児21人が相次いで行方不明になり、家族らが当局に届けていた。その後、同県の中級法院が同医院の副主任に対し、児童誘拐6件、乳児売却7件の罪で死刑判決(執行延期中)を言い渡した。

しかし、同市は事件から3年以上たった昨年9月、公告で「13年8月に乳児21人が誘拐され、救出されて市内の養護施設に引き取られた」と発表した。被害者の家族は「行方不明になった当時、公安に届け出たにもかかわらず、まったく探してくれなかった。その後口に出すことも許されず、事件はもみ消された。なぜ今になって公告を出したのか」と批判している。(翻訳・編集/大宮)