秋田銘菓「バターもち」、おうちで再現してみない?

写真拡大 (全5枚)

近ごろテレビやネットで話題の、秋田のご当地おやつ「バター餅」。カスタードのような、バターと卵のこくのある風味と、上品なやさしい甘みが魅力です。

素朴ながら、このつやっとした断面がそそりますよね……!
どこか懐かしくて、ちょっぴりモダンな感じにも心惹かれます。


そもそも「バター餅」とは、40年以上前から秋田県北秋田市で食べられていて、昔はもち米を蒸して作るところから各家庭で手作りしていたそう。

そんな由緒正しい「バター餅」ですが、お正月用に買った「切り餅」を使って手軽に近いものを作ることができるんです。


切り餅をお水といっしょにレンチンして柔らかくしたら、砂糖、卵黄、バターをよく練りこんで……


片栗粉を加えて生地をまとめて、さましたらできあがり!

ふつうのお餅よりやわらかくて甘いので、食べるとなんだかほっこり気分になりますよ。

そのまま食べてもおいしいですし、トースターでこんがりと焼けば、びよ〜んとのびるほどの柔らかさを楽しめます。


おすすめは「バターもちのバター焼き」

フライパンでバターで香ばしく焼いて、仕上げにシナモンパウダーを。
不思議とフレンチトーストのような風味になりますよ。

新感覚のおやつを楽しめるのはもちろん、切り餅消費にも役立つ「バターもち」。ぜひお試しください!


監修/日本バター餅協会事務局(北秋田市商工観光課)、料理/鈴木薫、撮影/三村健二、文/編集部・馬場
『オレンジページ』2017年1月17日号より)