女性らしい美ラインを引き出す!プロ直伝の体幹トレーニング

写真拡大

どうせ鍛えるなら、ただ引き締めるのではなく女性らしいボディラインを生かしたい!こう望まれる方がほとんどだと思います、筆者も同感です。

そこで今回は、カラダづくりの専門家である筆者が、女性のなめらかで美しいボディラインを引き出す体幹トレーニングをご紹介します。

■シングルレッグ・ヒップリフト

(1)仰向けになり、両ひざを立てます。

(2)片足を伸ばし、肩から足先にかけて一直線になるように上体を上げ、下げます。目線は足先のほうを見ましょう。

シャキッと伸びた背筋から腰にかけてのカーブラインと、キュッと締まったなめらかヒップラインから、引き締まった太もも後ろをつくります。

上げ下げで1回、15〜20回を1〜2セット行いましょう。

シングルレッグヒップリフト

体幹部、特にへそあたりを意識し、体が傾かないように上体を上げていきましょう。また、伸ばした方の足を曲げたり、上げ過ぎたりしないように気を付けましょう。目安は、両ひざの高さが一緒になるように合わせましょう。

初心者の方、筋力が弱いという方は、足を上げずに行うやり方で実践してみてくださいね。

■ヒップリフト

(1)仰向けになり、両ひざを立てます。

(2)肩からひざにかけて一直線になるように上体をゆっくりと上げ、下げます。目線はひざのほうを見ましょう。

シングルレッグに比べ、程よい負荷で楽にできます。また、腰痛予防・改善体操としてもポピュラーです。背筋、ヒップを引き締め、体幹を安定させます。

上げ下げで1回、15回程度行うとよいでしょう。

上体を上げた時に、かかとを上げないように注意しましょう。また、腰を反らし過ぎるとストレッチになってしまいます。目安は、肩からひざにかけて一直線になるようにしましょう。

いかがでしたか? 今回は、女性らしいなめらかなボディラインをつくりながら体幹を鍛えるトレーニングでした。

体幹を刺激しながら美しく引き締められるので、効果を期待できますよ。どんどん実践してみて下さい。

【筆者略歴】

小川りょう ・・・ スクワットアドバイザー/健康運動指導士。ヨガ、ウォーキング、ストレッチ、アロマ、美と癒しの運動指導と講演活動を行う健康づくり専門家。健康・美容商品プロデュースやTV・ラジオ出演等。早稲田大学大学院スポーツ科学修士号。

【画像】

※ Anna Om / Shutterstock

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。