写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドで12日、1月13日〜3月17日に開催される大ヒット映画『アナと雪の女王』をテーマにしたスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」のプレスプレビューが行われ、全編を通して『アナ雪』の名シーンで構成される新キャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」がお披露目された。

「フローズン・フォーエバー」は、シンデレラ城の形状を生かしたプロジェクション技術を用いて『アナと雪の女王』の世界を表現するショー。数々の名場面やアナとエルサの幼少期、家族との絆をテーマに、「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」「生まれてはじめて」「とびら開けて」などの名曲にのせて、映画の名シーンを映し出す。期間中は「ワンス・アポン・ア・タイム」を休演し、この新ショーを公演する。

シンデレラ城によみがえるのは、映画の印象的な名シーン。幼いアナがエルサの部屋の扉をノックして「雪だるまつくろう」を歌うシーンや、「戴冠式だ!」と喜ぶアナがお城の中を駆け巡り、ハンスと出会って踊る場面、また、クリストフとスヴェンのやりとり、オラフが回想しながら「夏が好き」と歌うシーンなどが登場する。

後半では、エルサが「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を歌ってありのままで生きていくことを決意するシーンや、凍ってしまったアナがエルサに抱きしめられることによって元に戻っていく感動シーンも。さらにフィナーレでは、次々と映し出される名シーンと、曲に合わせて打ち上がるパイロ(演出用花火)で観客を魅了。映画では味わえない立体感や躍動感あふれる『アナ雪』の世界へといざなった。

3年目となる今年の「アナとエルサのフローズンファンタジー」では、「フローズン・フォーエバー」のほか、アナやエルサなどが登場するスペシャルパレード「フローズンファンタジーパレード」や、アナとエルサたちが子供たちと一緒に遊ぶグリーティングショー「アナとエルサのウィンターグリーティング」を公演。パーク内は『アナ雪』のデコレーションで彩られ、スペシャルメニューやグッズも多数登場する。

撮影:蔦野裕