足太いとかどうでもいい。レナ・ダナムかわいい

写真拡大

ありのままって、こういうこと。

そう教えてくれたのは、やっぱりこの人。ドラマ『Girls』で監督・女優として活躍するレナ・ダナムでした。

レナが『NYLON』の表紙に。修正は一切なし

アメリカの雑誌『NYLON』2月号で表紙を飾ったレナ。鮮やかなビビッドカラーが、気分をいっきに春へと押し出してくれます。

以前、ランジェリーブランド『Lonely』のプロジェクトでモデルを務めたときと同じように、今回も修正は一切なし。ぽよんとはみ出たお腹のお肉も、たくましい太ももも、惜しみなく披露しています。

脚だって、こんなに上げちゃう。すごい。

たしかに、いわゆる「モデル体型」とはいえないレナの身体。

でも、そんなことお構いなしに堂々としている彼女の姿は、まさにフォトジェニック。ポップな世界観と相まって、「かわいいー!」とキュンキュンが止まりません。

今回の撮影について、レナ曰く

「写真のポージングを、こんなに素のままに楽しいと思えたのは、これまでのキャリアのなかで初めて」

とのこと。「自然体でいる」って、やっぱり魅力的。

ぷるぷるの二の腕も、ぽっこり出た下腹も、笑ったときの二重あごも、もうアプリで加工する必要なんてなくて、「これが私よ!」くらいなテンションでいればいいんです。

[HELLO GIGGLES]

写真/gettyimages 文/浦田昆

こちらも読まれています

・パパはトランスジェンダー。大胆不敵なMACの新コレクション

・料理がしたい! 脳が癒される動画みつけた #sponsored

・大人の友だちづくり。じつはこんなに簡単なことでした #sponsored