8代目となる新型カムリは、世界で高く評価されてきた品質や耐久性、信頼性や実用性に加え、新たに所有する喜び、操る感動などを提供すべく開発された。

 

注目のパワーユニットは、ガソリン仕様が新開発された2.5リッターの直列4気筒と3.5リッターのV型6気筒。ハイブリッドは2.5リッター直列4気筒にモーターを組み合わせるが、新型カムリの登場に合わせてハイブリッドシステムを一新。高燃焼効率・高出力の新型エンジンと組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を実現しているという。

 

すべてをTNGAのもとに新設計

プラットフォームは新型プリウスから導入が始まった「TNGA(Toyota New Global Architecture)」であり、
この新型カムリからこれに合わせてイチから新開発された、パワートレイン群を初搭載。エンジンとシャシー、ボディを一体的に開発することで、より意のままの走りや美しいスタイルの実現に成功したとトヨタは謳う。

エクステリアでは、スポーティで洗練されたデザインを追求。バンパーのコーナー部分をより立体的で大胆な構成とする「アンダープライオリティ」コンセプトにより、トヨタ独自といえるフロントの「キーンルック」を進化。スリムなアッパーグリルと大きく構えたロアグリルにより、低重心感とワイドなスタンスを強調している。

 

インテリアでは、新パッケージにより、軽快でスポーティなインパネとグローバルミッドサイズセダンらしい広々とした空間を両立した。さらにカラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ、8インチオーディオビジュアルナビゲーションシステムが相互にリンクするフラッシュサーフェスの表示パネルを設定。次世代インターフェースを採用して未来感の演出にも余念がない。

 

安全装備としては、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、総合的な制御によりクルマだけではなく歩行者も認識する歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした「トヨタ・セーフティセンスP」を採用している。

 

新型カムリ(米国仕様)主要諸元
・全長/全幅/全高 4859mm / 1839mm / 1440mm
・ホイールベース 2824mm